業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その710 AMK Narodnaya Soljanka(NS) プレイ日記再開その39編

2013/6/24 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD AMK NS プレイ日記。
---------------------------
■ジェネレーター 続き
このあたりで敵の基地がありそうな場所というと、南東の致死地帯位しかない。 おつかないが行って見るか。

今度はフィールドは死んでいるようで、無事基地に接近できた。 と、ヘリが待機している。 これが黒ドクターの言う奴か。 傍には穴もある。 ここから入るらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中ではMonolithと味方(ブラックドクターの配下)?が激しい戦闘を繰り広げている。 地下への小さな穴がある筈だが? 

途中ミニガンが落ちていたが、弾もないし重いし無用の長物である。

Solvadorという男(黒医師の手下だろう)からメッセージが入る。 「奴らは地下のトンネルに入った。 女の子を連れていたようだ。 トンネルの位置は火と塔の間だ。」

女の子というのはPantherのことだろう。 急がねば・・・ しかし、「火と塔の間」とはどこのことだろう?

PSI-フィールドは停止している筈なのだが、この建物に近寄ると作動する。 ということは、ここには何かあるということだ。 

クリックすると元のサイズで表示します

しかし今は近寄るすべもない。 恐らくは地下トンネルから入るのだろう。

やっと見つけたトンネルへの入口。 火と塔とはこのことだったのか。

クリックすると元のサイズで表示します

トンネルを抜けたその先には!!!

クリックすると元のサイズで表示します

嗚呼! Panther!

折良くというのか、或いは作者が劇的効果を狙ったのか、ここでエミッション。

そして「タスク失敗」のメッセージが出る。 しかし、ここで慌ててロードしてはいけない。 その時メッセージが入るのだ。 ブラックドクターからだ。

「Strelok、今ヘリを送る。 そこで待て」

そしてヘリが到着する。 近寄るブラックドクター。

クリックすると元のサイズで表示します

ヘリが着陸するのを待ち、ブラックドクターとGhostと話す。 この後は村に戻る。

ボースンと会話すると落ちる。 又ダメ文字関連らしい。

「えっ。… Secondガラスは、更に悪いことに行きました」の後で落ちる。 又stable_dialogs_arhara.xmlのエラーである。

修正前
特におしゃべりなものからのはいIでない... 水夫−彼らは、無口な人々です。 ここでは、私のビデオはその潜水艦(真実品質)について残ります−それ自体、わかってください... その
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ