業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その619 私に似た人編

2013/2/2 | 投稿者: Hal

「あなたに似た人」というのは、ロアルド・ダールのアイロニーに満ちた傑作だが、
これはまるで私みたいな「私に似た人」のお話し。 ダールの作品は一応ホラーに分類されるようだが、それには超常的な恐怖はまず出て来ない。 日常的現実的人間心理の微妙な恐怖感の方が、超常的描写より怖いという見本みたいな作品が多い。


32歳のポーランド人の男性パチュコウスキーさん。 彼は共働きの妻が仕事に出かけている間、「俺にも家事はできるぜい!」というのを見せたくて、せっせと家事に励んだ。

それはいいのだが・・・

このおっさん、いや32ならまでおにいさんですな。 かなりそそっかしい人らしい。 このあたりも私に似た人。 「女性はいくつもの仕事をかけもちでこなしているのよ」と奥さんに言われていたので、「なら俺も」と(よせばよいのに)慣れぬ家事を掛け持ちで始めてしまった。

ビールを飲みながら、テレビを見ながら、アイロンをかけながらと、一つでさえ大変なのに慣れぬ家事を掛け持ちしたのが運のつき。

あたふたとアイロンをかけながらテレビを見ながらビールを飲みながら、ながらながらとやっていると突然電話の音。

「あいあい! パチュコウスキーでやんす」と受話器を耳に押しつけた・・・

『なぜか』その受話器は・・・ もの凄く熱かった! 熱いのも道理、それは電話ではなくアイロンだったのだ(汗 

火傷した耳を冷やそうと急いで洗面所へと飛び込んだが、今度は慌て過ぎて洗面所のドアに顔面を強打。 「ボクシングの試合をみていたのに、していたみたいに」目の周りに黒いあざまで作ってしまったという。

病院に直行したパチュコウスキーさん、あわれ顔の大半が隠れるほどの包帯でぐるぐる巻き。

というのがその顛末。 私も似たような経験がありんす。 「あなたに似た人」はいるもんですな。


~>゚)〜〜〜の足

Far Cry 3で思い出したのだが、このゲーム、特にレリックの探索はかなりアンチャを意識しているのではないか? 雰囲気的によく似ているのだ。

~>゚)〜〜〜の足その2
Return of Scarの邦訳。 そろそろ疲れてきて、Sigerous2.2と同じく完全機械翻訳を単に貼り付けするだけというのが多くなってきた。 最初の内は元気がよいので、色々と意味を考え意訳するのだが、私の英語力では荷が重すぎる部分が多くなると雑になってしまう。 無論自分で読むためにも、なるべく意味が分かるような内容にしようとは努力しているのだが・・・

こんなのもある。

おお、素晴らしい! OK、cPasibo(スパシーボ?=ありがとう・このように時々ロシア語のものと思われる語句が混じっているので、実に訳しにくい)) へまはないな。 Well, you give! Okay, cPasibo. No fluff!.

露文英訳の際に、ロシア語がそのまま(勿論キリル文字は通常のアルファベットになっているが)残っているようなのだ。 これが結構多くて、その都度該当部分を検索したりするので、やたら時間がかかる。 「これは私が知らない英語というだけなのか、それとも固有名詞か、それともロシア語なのか」、このあたりが婚前一体混然一体として頭が混乱する。

英語力の不足はどうしようもない。 だってあたしjc一年生だもんね。 ニーソとミニスカでも着用しようかしらん。 さぞきゃわゆらしいでしょうな。 自分でもあまり見たくない、脱腸しそうで・・・

それにしても機械翻訳はしばしば代名詞と固有名詞を取り違える。 このあたりはなんとかならんのかっ! 「He is ・・・・」を「Heはなんとか」と訳すとは! お前はそれでも翻訳機なのか、恥を知れ恥を! (お前はどうなんだという突っ込みはかんべんな)
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ