業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その577 ネットが無い時代何をやってたか編

2012/10/25 | 投稿者: Hal

「ネットが無い時代、お前ら何やってたの」というスレが暴チャンネルにあった。
「特に80年代から90年代」だそうである。

さて、私の場合は?

80年代にはインターネットはなかったがそのかわりパソコン通信というものがあった。 (今でもあるが) いわゆるBBSである。 大手ではアスキーネットやニフティ・テレスター、NEC主催のビッグローブなどがあった。

当時はブロードバンドなんてものはなかったので、通常の電話回線に弁当箱位の大きさの音響カプラーを装着(送話口受話口にかぶせる)して行っていた。 通信速度は現在から見ると信じられない位の低速だった。 初期の速度は300ボーとかそんなものではなかったか。 おまけに通信中はピーヒャラポーヒャラと、やたら騒々しい音をたてる。

82.3年頃だったか、上野の松坂屋で「日本草の根BBS大会」(正確には違うかもしれないが、およそそんな内容のイベント)が開かれ、私も訪れてみた。 おもろそうやなと思ったのが運のつき、凝り性の私ゆえ、後は一瀉千里のめりこんでしまった。

でも今振り返ってみると、現在の進歩したネットよりその頃の草の根BBSの方が数段楽しかったような気がする。 ハードウェアもソフトウェアも現在とは桁違いに貧弱だったのにである。 

貧者の幸福というものかも知れないが、その頃の友人とは随分長くつき合い、10年ほど前迄続いた人もいた。 しかし、その友人達も次第に音信不通になり、この数年は当時の友人達とは全く無縁になってしまった・・・


それで80年代90年代には、私は何をしていたか?

今とあまりかわらないような気がする。 

パソコンを始めた81年頃からゲームにのめり込み、次第に自分でもゲームを作りたいという気持ちが強くなった。 80年代の中頃に98を手に入れてからは、独学でCやアッセンブラを学び、今のフリーソフト、当時はPDSなどと言っていたが、そんなものを作り始めた。

最初はグラフィックを扱う記述を知らなかったので、テキストオンリーのゲームから始まり、後にグラフィック関係のツールが出て来てからは、フリーの画材を使ったアドベンチャーゲームなどを作った。 音楽も自前で作ったりしていたのだ。 今思うと根気がありましたなあ・・・

しかし、私には画才というものが全くなく、コップを使って丸を描くことすら出来なかった。 つまりグラフィックを入れたゲームは自分一人では製作できないということである。

それで仲間を募ってゲームを作り始めた。 いわゆる同人ゲームという奴である。  その内に商業化の話しが持ち上がり、会社を設立現在に至るということなのだが、それで良かったのか悪かったのか。

会社を作ってからは随分とひどいめにもあってきた。 いずれ詳しく書くつもりだが、今でも思い出す都度はらわたが煮えくり返るという記憶もある。

でも過去の時間に戻って人生をやり直せるとしたら、私はなにをするだろうかと考えてみると、やはりゲームを作っていたかも知れないなとも思う。 因果というのか妙なもんですな。
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ