業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その520 S.T.A.L.K.E.R.の不思議編

2012/6/18 | 投稿者: hal

引き続きCataclysmプレイ中。

Sigerous MOD2.1の内容や評価については、既に多くの方が書いているのであえて触れない。 しげるのみならずCOP全般について、幾つか気がついたことや不思議な点を上げてみた。

1 oasisへ行くためには、集合換気口の西の民家から地下に入るが、広間の柱の間を通っても漏電が起きない。 少なくとも漏電らしき現象(閃光・音など)は全く確認出来なかった。 これはCataclysmのみならず、バニラでも素股でもその他のMODでも同様だった。 
どのような現象が起こるのかがわからなければ、無限ループを抜けるのは無理だろう。 なので結局このルートは断念し、いつものようにスーパージャンプで直接集合換気口の中に飛び込んだ。

この集合換気口の近くにはやぐら状の足場がある。 それに登って換気口の穴に向かって大ジャンプ。 無論1回でうまくいくことはまずないが、何回かリトライしている内に穴に飛び込める。 


COPに限らずSOCでもCSでも、S.T.A.L.K.E.R.では鉄条網などで区切られた一定のエリアの外には出られないような制限がある。 結界みたいなものである。 しかし、恐らくはバグの一種と思われるが、あちこちを色々な方向へくぐり抜けようとしていると、するりと結界を抜けてしまうことがある。

尚、この結界(制限)を無理に通り抜けると、海のようなものが見えて来て、そこに入ると一歩も動くことが出来ず、セーブデータのロードしか対策はない。 その替わり非常に幻想的なシーンを見ることが出来る。 

つまりは正常なポリゴン描画の限界を超えてしまったので、ポリゴンを裏側から見ているような状態である。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

CSでは、初期にはCLEA SKY ベースとSWAMPSの行き来にはガイドに頼らなければならないが、これもある場所の鉄条網から抜け出すことが出来る。 これと換気口大ジャンプ突入は同じものだろう。


2 PripyatトンネルはこのCOPの白眉とも言うべきイベントであり、Nitroに送られて出発するシーンでは、ssを撮る方も多いと思う。 メンバーの人選だが、Zuluは固定であり変えられない。 最小Zuluと2名でもOKの筈だが、他にメンバーがいた方が面白い。

Zuluは戦闘能力は高いがやたら飛び出したがるので戦死の可能性が高く、生かしておくのに苦労する。 FO3で言えばDogMeetみたいな感じw

Vanoは弱くてこれまた死にやすい。 Sokolovは慎重な性格のためか生存率は高いようだ。 全員が生存したままトンネルを抜けても、特にご褒美はなかったような気がする。

これまではSokolovとVanoを選ぶことが多かったが、今回は趣を変えてモノリス兵(Strider)を入れて見た。 こいつは結構強くて中々死なないので、使い勝手は悪くない。

このPripyatトンネルでは、Cataclysm独自のイベントやスタッシュはなかったような気がするが、単に私が見落としただけかも知れない。


3 Uncle YarからKopachy村での戦闘に手助けをして欲しいと頼まれる。 おじさんについて行って助っ人をするわけだが、これが非常に難しい。 Wikiには「Mercenary の攻撃は殆ど当たらないので」などと書いてあるが、私の場合にはこれは全くあてはまらない。

何回やっても敵の最初の一連射でおっさんは即死w ほとんど当たらないどころか一撃必殺でやられてしまう。 通常のアサルトライフルなどではスコープを覗いている間におっさんは討ち死にしてしまうのだ。 これもCataclysmのみならず、バニラやその他のMODでも同じ状態だった。

私の場合の解決策は、RPG7をしこたま用意して(少なくとも10発以上)戦闘開始と同時におおよその方向へ撃ちまくる。 ロケット弾なので直撃しなくても倒せるのがRPG7の利点。 これ以外ではASVAL等の狙撃銃でもクリアできなかった。


4 研究所でのタスクが一段落つくと、探知機の改造が可能になる。 これはCataclysm独自のタスクと思うが、より多様なアーティファクトが探知できたり、通常のVeles探知機でもアノマリーが探知できたりするようになる。 それは良いのだが、あまりに探知するものが多すぎて、どのシンボルマークがアノマリーでどのシンボルマークがアーティファクトなのか、とっさには判断できない時がある。 高性能も善し悪し、シンプル イズ ベストということだろうか

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ