業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その513 マウスとマウスパッドのお話し編

2012/6/5 | 投稿者: Hal

FPSでは重要なアイテムとなるマウス。 ゲーム用マウスの条件としては、以下のようなものが上げられる。 

無論これらの条件は個人差が大きく、どれを優先するのかは人によって随分と異なるだろう。 なにせ常時手に持って操作する物だけに、フィット感や操作感はかなり微妙なものがある。

レスポンスが速い
手に持った時にしっくりとおさまり、動かしやすい
ボタンが多い
ボタンが押しやすい位置にあり、形状も指の感覚で判別しやすい
酷使しても大丈夫な耐久性
その他の機能性


現在はロジクールのG700とRazerのRazer Naga Epicを併用している。 どちらかと言えばG700がメインである。

どちらも「ゲーミングマウス」と名乗るだけあって、機能と装備は豊富である。 G700はサイドボタンが4つ、上部ボタンが5つあり、いずれも自由に機能を割り振れる。 内蔵のプロフィール切替や感度切替もワンタッチで可能、バッテリチェッカーもある。

マウスのボタン数は私にはかなり重要な要件の一つである。 私の場合、左手はコントローラーの左部分を使い、右手にはマウスという、かなりヘンテコなゲームスタイルだけに、マウスの使い勝手は重要となる。

キーボードに比べてコントローラーは使えるキー(ボタン)の数が少ないので、その分をマウス側でカバーしたいのだ。 なのでマウスにはなるべく多数のボタンが欲しいということになる。

G700は総体的には良く出来たマウスと思うが、サイドのボタンの配置と形状は感心しない。 4つのボタンが全て同じ形状なので、押し間違いがかなり多くなるのだ。 これはG700に限らず、どのマウスでも十全というものにはお目にかかったことがない。 

例えばだが、サイドボタンの形状を、●■△×などにし、菱形に配置(要するにゲームコントローラー式の配置)にすれば、かなり押し間違いは少なくなるのではないだろうか。

G700は重量はかなり重い方に入るが、フィット感は悪くない。 後やや大きな欠点として、電池の消耗が激しいという点が上げられる。 1日2-3時間の使用で3日位しか持たない。 正味10時間は使えないと思われるので、エネループを10本程購入して頻繁にチャージという形になっている。


Naga Epicはサイドボタンがなんと12ヶ!もついている。 しかも全て同じ形状である。 これだけあると押し間違いが頻発しない方が不思議である。 Razerもこれは承知らしく、付属品として丸と四角の貼り付け用パッチがついてきた。 私もこれを貼ってはいるが、それでも押し間違いは多い。 しかも暫く使う内にずれて外れてしまうので張り直しとなる。 ボタンの数は多ければよいというものでもないのだ。

バッテリは専用のものなので、スペアを充電しておくということはできない。 しかし、電池の持ちはG700よりは格段に持つようだ。 他にマウスのホールディングを変えられるパーツが付属している。 これはサイドパネルの部分(バッテリホルダーカバー)を交換して、各人の好みに合わせられるというものだ。 これを賞賛する人もいるが、実用としてはあまり意味は無いように思える。 しかも使用中に外れることがあるので、ちと怖い。

面白い機能?としては、センターホイールの中にLEDが入っていて、その色と発光周期が変えられるというものがある。 しかも設定によっては自動的にその色が変わるようにもできる。 実用性は皆無(マウスにライトが要るか!)だが、見ていてきれいなことは確かである。

プロフィールの切替は、G700のようにボタンで切り替えることは出来ず、専用のツールを起動して変えなければならないのはやや不便だ。 一体にNaga Epicの場合は、実用性というより遊び心優先という感があり、これが一部の人々には受けるのだろう。

尚、Naga EpicもG700も有線無線両用なのはよいことである。 又無線の場合のタイムラグは、これらのマウスでは余程敏感な人以外は気がつかない程度に改良されている。


これら以外にはFRAGnSteinも使って見たが、PS3用マウスとしては全く使い物にならなかった。 結局PS3のゲームそのものがマウスに対応していない限り、「一応は動くが実際のプレイには使えない」というのが実情だろう。 又FRAGnSteinはPC用のマウスとしては、特に良いとも思えない。 1/3の価格でもっと使いやすいマウスはたんとある。 所詮はパチモンということだろう。

随分古い物だが、ロジクールのG5も時々使ったりしている。 有線専用だがシンプル且つ必要な機能はおおよそ持っている。 無論現在では型落ちであり、現在のG500が後継機ということになる。


マウスパッドは地味ではあるがFPSではかなり重要な役目を担う。 動かす時の引っかかりがなく滑りやすいもので、しかも止める時にはオーバーランせずにぴたりと止まる。 そのようなものが望ましい。

この滑りと静止性の両方で個人の好みが強く出るので、これも中々自分にぴたりというものは見つけられなかった。 私の場合は、どちらかというと静止性に優れた滑りすぎないものが好みのようだ。

現在はSteelのQcK mini 63005 をメインにしている。 これはダーマやエアーパッドに比べて静止性が高く、滑りすぎないところが気に入っている。 しかしこのあたりは個人差が大きく、万人が全て満足するパッドというのは存在しないのでないか。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ