業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その509 SFPS+ICP編

2012/5/26 | 投稿者: Hal

引き続きS.T.A.L.K.E.R.のMODプレイ。 今回は Shadow of Chernobylの国産大型MOD、SFPS+ICPである。 素のSFPSは随分以前にプレイしているが、それにICPが入ったものは今回が初めてである。

前回のWinter of Deathが大落胆、前々回のShokerは内容的には良いもののバグ頻発で落ち着いてプレイできないという、傑作の多いS.T.A.L.K.E.R.MODにしては残念な結果だっただけに、今回は期待大。

幸いというかボケが来ているというか、SFPSの記憶はほとんど消えかけているので、新鮮な状態でプレイ出来る。 


出だしから良い雰囲気である。 やはりS.T.A.L.K.E.R.はShadow of Chernobylが大本命ですなあ。 タスクはメインサブともにバニラのものはほぼ全てあり、それに加えてSFPS+ICP独自のタスクも入っているので、ゾーンの生活を堪能できる。

武器類も新しいものが増えていて、風景や武器のCGも細密美麗で楽しめる。 機能面でもかなりの強化がされているようで、この先が楽しみである。

しかも日本の作者によるMODだから、当然完全日本語である。 後はセリフに声優さんを当てていればいうことなし。 というのは無茶な願いで、完全無償のMODに声優さんなど無理なことは言うまでもない。 しかもS.T.A.L.K.E.R.は登場人物がやたら多く、更にはそのほぼ全てが男性である。 男性声優さんのギャラは女性声優さんよりかなり高額なのである。


このSFPS+ICP、難易度的にはバニラやSFPS単体よりかなり上がっているようだ。 設定にもよるがアイテムが出にくく、お金を稼ぐのに苦労する。 

又、画面が暗すぎるという感もある。 昼間でもライトが欲しい位の暗さで、しかも天候が曇りや雨の場合が多く、余計暗さが目立つ。 ライトをつければ明るくはなるが、敵に気づかれやすくなるし、自然の明るさよりはやはり不自然である。 ガンマやブライトネスを上げると、まぶしい上に色合いやコントラストが不自然になる。

これの設定を調べたのだが、weather_default.ltxのambientやuser.ltxのr2_sun_lumscaleを変えても全く変化がない。 r2_gi onでも不可、結局現在のところは対処しようがない。 色合いやコントラストを変化させずに、明るくする方法はないものか・・・

更に一種のバグになるかと思うが、朝になっても明るくならないという場合がある。 これは夜中の12時に起きていればそのようなことはないらしい。 つまり夜の0時少し前迄睡眠を取り、0時をまたいで又眠れば朝が来るという寸法である。

ブロウアウト(CSやCOPではエミッションと呼ばれる)はプレーヤー側からみると、やりかけのタスクを一時中止して退避しなければならない。 その間にNPCがどこかへ行ってしまうとか、アーティファクトが消えてしまうとかのデメリットも多い。 なのにそれに見合うゲーム的面白さがないのだ。 つまりは不要な機能ということになる。

MODによってはこれをオンオフできるスイッチがついているものもある。 スイッチがなくともblowout.ltxをいじれば周期などは変更できるが、アーティファクトはブロウアウトの後に出現するという設定が多いので、これをなくしてしまうとアーティファクトが入手しにくくなるというデメリットもある。

後、これはICP独自の仕様(というか機能)だと思うが、なにかの状態の時(恐らくはアーティファクト装備の時)にやたら腹痛が起きることがある。 「両手は肛門を押さえているので武器が持てない」(笑)などというメッセージが表示され、視界が揺れてまともに動作ができない。

これはヤポンスキーご愛用のSeiroganを飲めばたちどころに治るのだが、持っていなかった場合はどうなるのか? 応戦どころかまともに歩けない状態で、どうやってトレーダーの所までたどり着けばよいのだろう? 垂れ流し(;´Д`)でもよいからトレーダー迄行けるような方法はないのだろうか。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ