業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その438 GSC閉鎖続報編

2011/12/13 | 投稿者: hal

GSC閉鎖とS.T.A.L.K.E.R.2開発中止の続報。 doope.jp/2011/1220985.htmlより

13日公式Twitterによると、

「私たちは継続の為に最善を尽くすでしょう、しかし現時点において確実なものは何もありません」 

又、Webサイトと公式フォーラム、技術サポートは継続が明言、各種アイテムを販売するストアについても新しい商品などが売り切れるまでは継続するらしい。

いずれにしても、S.T.A.L.K.E.R.の制作元が、はたまた奇跡の名作S.T.A.L.K.E.R.そのものが、このままなくなってしまうのはあまりにも残念であり、もったいないことだ。

GSCには倒産は回避してなんとか頑張ってもらい、来年のS.T.A.L.K.E.R.2を発売して欲しい。 たとえそれがマルチプラットフォームによるPC版の劣化に終わってもかまわない。 何も無いよりは遙かにましなのだ。


~>゚)〜〜〜の足 S.T.A.L.K.E.R.について

S.T.A.L.K.E.R.をクソゲーという人もいる。 重い、遅い、やたらバグが多い、ゲームバランスが悪い、最初のタスクで死んでばかりいて進まない、弾がまっすぐに飛ばない。 とっつきにくく何をどうしたらよいかわからない、やたらCTDで落ちる、その他諸々。

全て真実である。 確かにその通り。 S.T.A.L.K.E.R.は万人向けのゲームではない。 取っつきやすく親切な解説や攻略があり、その通りやっていればサクサク進むというゲームとは対極にあるゲームだ。 又、単純な銃撃戦だけのゲームというわけでもない。 ストーリー性が非常に強く、かなり複雑な内容を持ったゲームなのである。

しかし、上の問題点には全て(バグを除いて!)対処法がある。 重い遅いとOut of MemoryによるCTDについては、64ビットOSと8GBのメモリで劇的に改善される。

ゲームバランスや最初のタスクの件、弾がまっすぐに飛ばない点は、簡単な改造で対処出来る。 S.T.A.L.K.E.R.の武器弾薬人物などの設定は、全てベタテキストで書かれているので、誰でも容易に改造できるのだ。 重量制限も又同じ。

改造が嫌なら、最初のタスクはリーダーの後に回って弾の飛んでこない距離を維持し、仲間が戦闘に入ってあらかた敵をやっつけてから、のこのこと出ていってピストルを2.3発ぶっ放い。 その後基地へ帰って「おう! 敵はぜぇ〜んぶおいらがやっつけたぜ」とでも言えば、タスク完了、お金とアイテムを貰える。 もっともこの手がいつも使えるとは限らないが・・・

何をしたらいいのか分からないという点にはついは、これはS.T.A.L.K.E.R.最大の魅了なのだ。 広大なオープンワールドのマップを自由に又あてもなく飛び回る。 北国の荒寥とした野原には色とりどりの可憐な花が咲き乱れる。 夜の9時になっても未だあたりは明るい。 白夜なのである。 

やがて遙か彼方のクレーンに日が沈んで行く。 クレーンは次第にシルエットになり、そしてほの暗い夜の闇があたりを包む。 このあたりの雰囲気は何度味わっても素晴らしいの一言に尽きる。

S.T.A.L.K.E.R.のメインタスク(それをこなさないとゲームが進行しないというもの)については、原則として時間制限はない。(例外有り) つまりサブタスクや或いは単に探訪や物見遊山(笑)で飛び回り、どんなに長い時間を費やしても全く問題ない。 だから心ゆくまで飛び回ればよい。 要はS.T.A.L.K.E.R.の世界「ゾーン」では、何をしても良いのだ。 これが大きなメリットでなければ、一体何がメリットなのか。

S.T.A.L.K.E.R.の最大の問題点は、一度ゾーンにはまりこむと元の世界に戻りたくなくなることだ。(これはNarodnaya Soljankaの惹句から)
2



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ