業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その434 F.E.A.R.2ガッカリ編

2011/12/6 | 投稿者: hal

1>2 のシリーズもの劣化の件は前にも書いたが、F.E.A.R.2の場合は特にひどい。

なによりもシステム面が良くない。 最悪なのはセーブがオートセーブのみで1つしか出来ないという点だ。 これは使い勝手が非常に悪い。 

いにしえのPSのゲームのように、セーブポイントが見つからないために、一晩中マシンをつけっぱなしておくというありさま。 この電力不足のご時世にはそぐわないゲームである。

更にシステム面ではかなりフリーズが多いという、大きな欠点がある。 これはCTDではなく完全なフリーズなので始末が悪い。 このあたりはオプションでグラフィック回りの設定を下げれば(最高→普通位に)、ある程度(あくまでもある程度で完全ではない)抑制できるようだ。

HUDも独特の扇型のもので、あまり見やすいとは言えないし、グラフィック面でも現在の他のゲームに比べるとかなり見劣りする出来だ。 ストーリー的には前の1同様、かなりいい加減というかご都合主義というか、特に悪くはないがまあそんなものという程度。

エイムはかなり甘く、適当に狙いを付ければだいたい当たってしまう。 これは楽でよいが、マニアックなFPSファンには物足りないのではないか。

怖さという点では、前作にしてもそれほど怖いというゲームではなかったが、今作もとびきり怖いというシーンはほとんどなかった。 怖いゲームでは、Dead Spaceとサイレンが両横綱だろう。

おおよそこんなインプレッションであり、何か一点でも飛び抜けたところはないかと探してみたが、ついにみつからなかった。 要するに何一つ褒める点が見つからないという、クソゲーの見本みたいなゲームである。

シリーズものの常として、1が面白いと2にはそれなりの期待を持つ。 しかし2が芳しくないと、さて3はどうしようか、2があれじゃあ購入は控えようかな・・・というところが実感。

さて、F.E.A.R.Infiniteはどうしようか?
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ