そりゃあそこのことだから・・・

2009/2/28 | 投稿者: Hal

ヤフオクID乗っ取り、特定アドレス150万件接続(読売新聞 - 09月26日 14:44)
という記事があった。

そういえば、以前社員の名前を騙って、ヤフオクで勝手に購入予約をした奴がいたな。 それも一度ならず何度もだ。(同一犯かは不明) おまけにその商品を取引先の会社へ送付する手続きまでしおった。 取引先には商品が来ても受け取らないよう急遽連絡、すったもんだでこちらはえらい迷惑である。 

警察にも被害届を出そうと証拠を持って相談にいったが、現実に被害が発生していないので、被害届は受理できないと言われた。 犯人にはまず刺されなさい。 刺されて死んだら警察が捜査してやる、ということらしい。 

その時のヤフーの対応とセキュリティ対策は、「いい加減・デタラメ」の一語(二語か)に尽きる。 ヤフーでは、他人の(ヤフー会員)IDを騙るなどいとも簡単にできるし、IDを取るのに本人確認さえ必要なかったのだ。 到底信じられないルーズさ、無責任さである。 あまりにもその場限りの逃げ口上ばかりなので、「顧問弁護士と共に御社を訪れる」と言ったら、「以後そのようなことが行われないような処理をした」とほざいた。 「その処理とは具体的にどのような処理か」と聞いたら、「それは言えません」(笑) 恐らくは犯人のIDの停止とかそんなことなのだろう。 

ゆえに、この記事を読んでも全く驚かない。 「ああ、あそこのことだからどうせそうなんだろうな・・・」位のインプレッションである。 やはり正義は損をするのか・・・
0



2009/3/6  16:03

投稿者:hal

ヤフー系ではこの種の話しはごまんとあるようですね。 ロハと書いてあっても実際には只ではないとか、いやになるほどあります。 つり文句で客を釣って後は知らんよ・・・ 損をしないのはソンさんだけ(笑)

2009/2/28  20:22

投稿者:レオナ

たしかにヤフオク被害は止まることがないですね。ボク自身はそのような被害にあったことはないのですが、友人が出品に関して自らの非でないことで取り消しなどに合っていました。ヤフー側にはきちんとした対応を取っていただきたいですが、このような自己責任が問われる風潮の中では耳を傾けることはないのでしょう。

http://nama2303.blog33.fc2.com/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ