業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その318 無軌道停電編

2011/3/14 | 投稿者: hal

14日の停電(輪番停電又は計画停電)は今の所回避されているようだ。 現在の状況を見れば、輪番停電そのものはやむを得ないだろう。 しかし停電に関する情報の提供と周知については、問題がありすぎる。 

まず停電の詳しい情報、つまり停電該当地域の住民が一番知りたい「どの地域がどのエリアに該当するのか」、「その場合の停電の時間」の発表が著しく遅れたことだ。 朝6時過ぎから停電するのに、前日の10時頃にようやくテレビで告知された。 これでは事前の準備が間に合わないではないか。 又見逃して当日の朝の新聞で知るというケースもあるだろう。

しかもテレビで放映された地域の内容と東電HPでの内容とが、随分と食い違っている。 恐らくは東電HPの内容の方が正しいと思われるが、このあたりについてもテレビも東電もなんのコメントもない。


13日のNHKの番組では、人工呼吸器が常時必要な子供を持つお母さんが紹介された。 このような場合でも、このお母さんが住む地域がいつ停電するのか、それどころか本当に停電するのかさえ知ることができない。

現代もっとも手っ取り早い情報収集の手段はインターネットによるものだが、東電のHPは13日午後から夜にかけて全く接続できない状態だった。

当然だろう。  少なくとも数百万人のユーザーが一つのアクセスポイントに一斉にアクセスするのだから、人大杉にならない方がおかしい。


なぜ東電はミラーサイトを立てなかったのか? これが不思議でしかも腹が立つ。 アクセスが集中することが予想されるのだから、当然ミラーの準備はしてしかるべきた。 ミラーが間に合わないのなら、関係官庁やマスメディアに、今東電HPにある情報PDFを送付し、「東電に接続出来ない場合はこちらへ」という情報を充分に周知させるべきだった。

東電自体が原発の件もあり大変な状況にあるのは理解できる。 しかしPDFの配布など大して手間も人手もかかるわけではない。 何故それを怠ったのか、東電に対する怒りと不満は非常に大きい。

今回の停電は、「無軌道停電」とか「無計画計画」という名称の方が正確かと思われる。

0



2011/3/14  21:56

投稿者:hal

慧さん、お見舞い有難うございます。 私の方は直接の被害はありませんでしたが、床に散乱した本やDVDの整理と、その後の東電の「無軌道停電」の対処で疲れました。(笑) 水を入れる容器の手配やら、カセットコンロやボンベを入手できる所を捜すやらで精神的に疲れましたよ。 おまけに何時何処が停電するのかの情報が少ないのもまいりました。

冨山の方は無事だったのでしょうか?

2011/3/14  21:15

投稿者:緋縅慧

ハル社長大丈夫でしたでしょうか。
富山の揺れは東京のそれとは比較にならないものなのでしょうが、それでも社内は騒然としていました。
余震にもお気をつけ下さい。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ