S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4451 琥珀色の遺言

2022/4/16 | 投稿者: Hal


琥珀色の遺言 その2

=======================================================================

今回の琥珀色の遺言プレイでは、遅遅としてではあるが進んでいるのが、唯一の救いであ。

現状は以下のような状態である。

証拠品は15個、現在は8つある。

西洋骨牌は12枚、今は11枚、後1つは誰が持っているのか。

清水春に宝石箱の話聞いてから、喜助を問い詰めると、ついに事件の全容を話し出した。

喜助の娘は影谷家に奉公していたが、一馬に騙され崖から飛び降りて死んだ。

その後喜助は、一馬がストリキニーネを飲まされて苦しんでいる現場を通りかかり、これぞ天罰と死ぬのを見守った。

しかし、影谷家に仕える人間として、それはやはり許されぬことだと考え直し、影谷家を去ってゆく。

続いて美津を問い詰めると、萩原と出来ていたことを白状し、スポイドビンに入っていた毒薬を、この家に持ち込んだ人間を知っているが、私の口からはその人物の名前は言えない。

私はその人物を裏切った人間なのだから・・・と言う。

その後二人はこの家を出て行ったらしい。

ここまでは進んだが、その後進行度64で完全にストップしてしまった。

サダと話しても第3の事件が起きないのだ。

根気よく進めて行くと65までは上がったので、バクではないらしい。

我慢してもう少しやってみるか・・・

結局敦男を問い詰めモードに出来ないことが、第3の事件が起こらない原因らしいと気づき、智恵子に話すと「敦男問い詰め」の勧めを受けた。

これだったのだ!

サダと話していると芳明が駆け込んできて、敦男が殺されたと知らされる。

執事の部屋には辰野の姿はなく、これ幸いと室内を荒らし回ったが、重要そうなものには全て鍵がかけられていて、手がかりは得られなかった。

せめてあのジジイに相応しく、エロ写真くらいあってもよさそうなのに・・・

敦男は風呂に入っていた時、誰かに頭を湯の中に押さえ込まれ、右手を怪我していたために抵抗も出来なかったらしい。

第1発見者のHalの歯無しいや春の話では、その時裏廊下で倉倉橋の姿を見かけたそうだ。

英子がいた食堂には誰もおらず、手がかりなどもみつからない。

倉橋がいた小食堂も無人となっている。

広間縁側で辰野を発見、話すと法王のカードがあったと渡されるが、法皇のカードの意味は「援助。共同」を意味するそうだ。

恍太郎殺しの現場である中庭では、喜助の宝石箱とは違う、一回り小さい宝石箱を見つけた。

里絵にこのかなり高価そうな宝石箱を見せると、綾の物だという。

たみに話を聞くと、敦男の家出は恍太郎とルイの再婚が原因だと言うのだ。

お春に敦男発見時の状況を聞くと、裏廊下付近で倉橋の姿を見たそうだ。

アドルフ・ミューラーにも聞くと、執事の姿を見たらしい。

ガストン・アルレイからはダイヤの指輪を渡された。

これでポイントが大きく上がり、ようやく前進したのである。

林太郎によるとこの指輪はルイのものだそうだ。

厨房で亀吉に話を聞くと、何人かの家族からは「料理の味が違う」と叱られたらしい。

亀吉は全く同じに作っていたにも関わらずである。


琥珀色の遺言 その3へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ