S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4442 バーニングポイント

2022/3/5 | 投稿者: Hal


バーニングポイント その3

------------------------------------------------

ルドルフ家のヘレンの部屋では、左下で手紙が見つかり、差出人は記されていないが、消印はコンプトン市のクラムリーヒルズになっている。

封筒の中味は、左の上から2番目で見つかったが、それには「私たち二人はあなたのことを暖かく見守っている。 いつかあなたと会いたいとも思っている」とあった。

ヘレンの両親は15年前に亡くなっているが、父親はアランといい、大変優しい人だったそうだ。

ここで、今後の捜査目標の選択となり、手紙の差出人と黄色いワーゲンの2つが、今現在の目標である。

こうして第五章となる。

■第五章

夫人に聞くとアランは養子だったそうで、親しかった人は現社長のスパイラル氏だそうだ。

結局スパイラルからはたいした情報も得られなかったが、夫人にアランのことを聞くと、アランの母親はS・ウェストンという人だが、ファーストネームは不明とのことである。

次は黄色いビートルスの調査である。

図書館で住所録を借り、自動車工場などを調べると15社もある。

この15社に電話をかけまくって、008-1514のロドリゲスでヒット、持ち主はS・ウェストンで、60歳位のおばあさんだそうだ!

これだ!

警部に連絡して名簿一覧を入手したが、304号室の「サラ」・ウェストンは焼死となっていた・・・

新聞社に電話すると、サラの電話番号を教えてくれたが、あまり手がかりにはならなかった。

しかし、もう一人S・ウェストンに該当しそうな人物がいる。

メイドの「スージー」・ウェストンである。

彼女の住所をスタリオンホテルに電話して聞くと、「コンプトン・クライムヒル3245」とのことである。

そこへ行ってスージーに話をしたが、とぼけるだけである。

しかし部屋には子どもの写真があり、それを一時拝借(無断で!)して、フィストバーグ夫人に見せると、アランの子どもの頃の写真だという。

こうしてスージーを尋問することになり、部屋に行くと若い女性がいる。

これは・・・ ヘレンではないか!

ヘレンに皆が心配しているから家に帰ってくれと頼むと、あの邸宅には恐ろしいことがあり、それが解決するまでは帰れないというのだ。

そしてマイクはいきなり殴られて失神する。

気がつくとスージーがぬれタオルを頭にあててくれていた。

スージーは、ヘレンはカウンセリングを受けていたようで、何かに悩んでいるらしいと言い、そのカウンセラーのことが書いてある新聞記事を貸してくれた。

フィストバーグ夫人にこれまでのことを報告して帰ろうとすると、メイドのシェリルが話したいことがあるそうで、デイビスの店で会うことになった。

その話したいこととは、ヘレンは小さい頃に火事にあっている、ということだった。

しかもフィスとバーグ氏は、その火事で死んだアランの書斎を、15年たった今でもそのまま保存してあるそうなのである。

図書館の新聞記事には。別荘火災事件も載っていて、ヘレンを救助した消防隊員のことが書いてある。

電話帳を調べると消防署の番号も載っているので、サンタクリス消防署に電話してみた。

15年前にヘレンを救出した消防士のことを聞いてみると、レイノルズというその消防士は今でも在籍していて、デイビスの店で会うこととなった。

レイノルズに火災の話を聞くと、現場にはフィストバーグ氏もいて、彼が通報者だそうだ。

そしてカーモディーにヘレンの居場所を聞くと、リバーサイドモーテルに泊まっているとのことだが、モーテルに電話しても、もうヘレンはいない。

それにしても、フィストバーグ家には奇妙なことが多すぎる。

アラン一家3人の筈の別荘火災で、通報したのがフィストバーグ氏であるという件、ヘレンが外に逃げないで地下室に隠れ、しかも救助にきた消防士に「殺さないで!」と叫んだ件などなど、異常なことが多すぎるのである。

そこで15年前のフィストバーグ社のことから調べてみることにした。

フィストバーグ社の現社長スパイラルに、18年前の火災の話を聞くと、「あれはアランの心中ではないかと疑っている」と、言う。

アランの妻のシャローンは、悪妻として有名なのだが、彼女はカスミングループの会長カスミンの娘なのだ。

政略結婚なのだろう。

そしてフィストバーグ社は、今はカスミングループの系列会社になっている。

気分直しにデービスの店へ行くと、フィストバーグ家のメイドシェリルも来ている。

彼女は、今フィストバーグ夫人は不在だから、例の開かずの間(アランの書斎)に入れてあげるというのだ。

ピアノは,ZXCVBNM・・・で、一つずつ押して行くと、Nで音がおかしい。

蓋を開けると、弦にカセットレコーダーとテープが挟まっていた。

テープには悲鳴と「火を以て制せよ」という言葉が録音されていた。

バーニングポイント その4へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ