S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4417 ruina 2周目

2022/1/27 | 投稿者: Hal


ruina 2周目 その4

------------------------------------------------

鉄籠の昇降機ではダイアル入力があるが、これは1593である。

上部に上がり、敵を背後から急襲、敵の親玉ミーベルを追い詰めた。

ここまでは順調だったのだが、その後の魔将ラァグ戦ではどうしても勝てない。
停止をくらわないタレーリアを作るために、聖木を妖精の塔上部の、右に張り出した○で入手し、全員に装備した。

これでラァグにも勝ち、ダリムからは大いに感謝された。

これにて小人の塔はクリアしたが、街に戻ると占領されていた。

敵は西シーウァ王国の第三王女パーシャと、大河神殿の老神官バルスムスである。

彼らは師のデネロスを脅迫し、「鍵の書」のありかを聞くが、デネロスはやむなくその場所を教える。

怒り心頭に発したアベリオンは、バルスムスと闘うが、デネロスは彼をかばって死ぬ。

師匠は死ぬ間際に、銀色の塔を探せと言い残して息絶えた。

銀色の塔とはどこにあるのだろうか?

巨人の塔もクリアしたが、そこにはヒントはなかった。

しかし、とある画像が表示された。


荒れ果てた迷宮の奥の書庫に、鍵の書の断片がある。

これは最終ステージに入っての、玄室のマップのことではないか?

ともあれ、これで小人・妖精・巨人と、主要3塔は全て制覇したことになる。

となると、後は大廃墟と古代都市で玄室を目指すことが、目標だろう。

大廃墟から玄室へ入り、下へ下へと下って行くと、最下層では泉となり、その泉に4つの石を投げ入れると、ついに全体マップオープンとなった。

後一息という所である。

しかし、この後の進み方がわからない。

前回は「秘石を捨てると、ついにタイタス1世のいる部屋への扉が開いた。」と書いているが、今回はタイタス1世の扉は開かない。

はて?

少し前からやり直すと、今度はタイタス1世の部屋への扉は開いた。

しかし残念ながら強すぎて勝負にならない(;__)

なればと、他の3世や14世相手に修行してみた。

その他、思い出の品を全員装備、これでどうだろうか?

今度は度々戦闘不能にはなったものの、タイタス一世に辛勝した。

街に戻ると、夕焼けのように空が赤く染まっている。

太古の都アーガデウムが復活したのだ。

眠れるテュナに触れると、一行はアーガデウムに入った。

テオルの姿のタイタスを撃破、これは比較的簡単だったが、その後のオーバーロード戦は討ち死にの連続(;´Д`)

しかし、何度目かのチャレンジでついにオーバーロードを倒した。

気がつくと廃墟にいる。

そこは廃墟と化した故郷ホルムだった。

上流へ進むとメロダークたちとも再会したが、その街はお祭りの最中だった。

昔々、街を守って天上で戦い、そのまま帰らなかった英雄を祭るお祭りとのことだった・・・

次は、神殿で拾われた孤児エメクである。

エメクは神官のアダに育てられ、神官になる筈なのだが、今一つ信仰心がたりないらしい。

順調に宮殿まで進み、3列3行の数合わせを終えて、ここのボス敵タイタス十六世+生ける玉座との戦闘となった。

これは意外に簡単に勝てて、いよいよ大廃墟と古代都市入りとなった。


ruina 2周目 その5へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ