S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4413 閃の軌跡2

2022/1/20 | 投稿者: Hal


閃の軌跡2 その7

------------------------------------------------

ジオフロントEでは最深部で、集中端末室に入り、秘密データの消去を行うのだった。

消去中に、リィンと黒ウサギアルティナが現れ、戦闘になる。

この時点でのリィンは、帝国軍の特務士官となっている。

「後日譚 冬の終わり」である。

3月12日、7組の仲間達もそれぞれの道を歩むこととなり、この仲間と過ごせる時間も残り少なくなってきた。

リィンは寮の仲間たちの部屋を訪れ、名残りを惜しんだ。

3月13日は自由行動日で、必須クエスト「ライダー雌雄決戦」「実技テストの総仕上げ」と、サブクエスト「フリーマーケットの出品物」「新番組の立ち上げ」「釣り決闘!」など、多数のクエストが出ている。

今更だが、この閃2では起動時のconfigsで、アニメなどを再生するか否かの決定が、出来る「筈」なのである。

しかし、その設定は実際のプレイには全く反映されず、戦闘中のアニメなどは一々スペースキーなどで飛ばさなければならない。

また、シーン途中のアニメ再生も全て行われてしまい、煩わしいことこの上もない。

この設定ツールの「アニメ設定」というのは、なんのためにあるのだろう?

ともあれ、一通りクエストをこなしてトワ会長に報告をすませ、最終ステージの夢幻回廊に入った。

これは完全におまけステージらしく、7組だけでなく、トワ、アンゼリカ、トヴァル、クレア、シャロン、エリゼ、アルフィンが加入する。

文字通り閃の軌跡2オールスターキャストなのだ。

内容はただの顔見世興行で、特になにもない。

16もあるステージをへろへろと通過し、ラスボスなんとかと対峙。

なんとかかんとかの御託が続くが、単に煩わしいだけなので、全て無視。

そして全滅・・・(;´Д`)

やり直してクリア。

とにかくこのゲーム、面白くも無い演出が目立つ。

かなり屡々全暗黒が数秒続くが、これはデータ読み込みなどではなく、演出のつもりらしい。

意味不明だし演出効果も全くないし、全ての点でしょうもないゲームだった。

このゲームは内容的に面白くないというわけではないのに、主として演出面がうざく、くさいセリフの連続で興をそがれた。

要は気に入らないゲームということである。

もう閃シリーズはこりごりである。


次回からはruina 2周目の予定

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ