S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4411 閃の軌跡2

2022/1/14 | 投稿者: Hal


閃の軌跡2 その5

------------------------------------------------

結局は攻略を見ての回答となった。

「行方不明の定期飛行船」は、定期船がハイジャックされ、それを発見、救出するというクエストである。

これも簡単にクリア、「北クロイツェン街道の手配魔獣」もクリア。

武器性能アップのために風霊窟に入った。

この霊窟はどこでもよいらしいが、今回は風霊窟にしてみた。

とんでもなく広大で迷いやすいダンジョンだが、各所を行き来してついにボス敵を倒し、巨大なゼムリアストーンを持ち帰ることができた。

しかし、ゼムリアストーンは1つだけでは足りないらしく、他の霊窟にも行かなければならないらしい。

メンドー・・・

ともあれ、まずはジョルジュの手伝いをして、騎神刀の改造を行ったが、ケルディックが領邦軍によって焼き討ちにされたという知らせが入った。

一行は早速ケルディックに入り、街の状況を調査した。

ケルディックでは元締めも死亡し、悲惨な状態になっていたが、これはどうやらユーシスの父アルバレア公爵の独断によるものらしい。

兄であるルーファスからの連絡でも、貴族連合は今回の件には全く関係ないとのことで、戦争犯罪人としてのアルバレア公爵を、逮捕することとなった。

オーロックス砦はそう複雑とは言えないが、それでも結構あちこちにトラップがあり、それなりの時間はかかった。

最深部でボス敵神速のデュバリィを倒し、公爵を逮捕した。

カレイジャスはバリアハートに寄航し、絆つなぎの日となった。

数名の仲間と交流を深め。カレイジャスに乗り込むと、クロスベルに異変が起きたという知らせが入る。

巨大な樹木のようなものが出現したのだ。

クエストは、いずれもサブクエストで、「ローエングリン城の調査」、「癒しの演奏会」、「オーロックス峡谷道の手配魔獣」の3つである。

「ローエングリン城の調査」は遊撃士教会レグラム支部で、「癒しの演奏会」はケルディック礼拝堂のロジーヌから、「オーロックス峡谷道の手配魔獣」はオリビエからの依頼である。

「癒しの演奏会」は、災厄に襲われたケルディックの街で、演奏会を開いて街の人々の心を癒やそうという企てである。

各地を回って演奏者を集め、礼拝堂で開いた演奏会は、荒廃した街に響きわたり、街の人々の心を癒やしたのである。

「ローエングリン城の調査」は、ラウラの故郷レグラムで、執事のクラウスから最近は霧が濃くなり、日常の往来まで差し支えるようになってきた。

その元はローエングリン城にあるようなので、調査をして欲しいというものである。

時計回りに進み最深部でボス敵と遭遇。

最初の戦闘では大苦戦したが、やり直すと楽勝となり、レグラムの霧も晴れた。

「ローエングリン城の調査」はクリアとなり、「オーロックス峡谷道の手配魔獣」に入った。

これも制圧してクエスト完了。

黒銀の鋼都ルーレでは、隠しクエストの「父の懐中時計」が出た。

アリサの父が記念にイリーナママに贈った、懐中時計の修理である。

修理用のパーツを、ルーレ工科大学やザクセン鉄鉱山で入手、後はラクリマ湖畔にいるグエン老人に聞き、全てのパーツを揃えた。

次は地霊窟に潜ってみた。

ここは意外に簡単にクリア出来、残るゼムリアストーンは1つだけとなった。

最後に残った水霊窟に入った。

ここでもボス敵と戦闘後にゼムリアストーンを入手して、ジョルジュに渡し、シュミット博士を呼んで騎神用の武器の製作となった。

そしてトリスタの奪還作戦を開始することとなった。

これはパトリックらと、学院生同士の戦闘だが、相手は意外に強く、アンジェリカ率いるB班は、全滅してしもた。

A班は最初からSクラフト連発で完勝。

ついに「終章 ただひたすらに、前へ」となる。

夜には各所で女の子と第3学生寮での待ち合わせができるが、欲張って複数の女の子とダブルブッキングをすると、前の子との約束は取り消しとなってしまう。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」・・・


閃の軌跡2 その6へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ