S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4407 閃の軌跡2

2021/12/31 | 投稿者: Hal


閃の軌跡2 その1

------------------------------------------------

1でクロウに破れ、仲間は騎神に逃れるよう命じて、灰の騎神はリィンをこの山まで連れてきた。

そこで気がついた所から、2は開始となれる。

閃の軌跡2では、1のクリアデータから引き継ぎができるが、特に有利という程のものではない。

但し、DLCがフルオープンになっているのは大きい。

回復系のアイテムが満載だからである。

当分は回復系アイテムを購入する必要はなさそうである。

ここはアイゼンガルド連峰、日時は11月29日となっている。

お供には黒猫セリーヌがトコトコと着いてくる。

彼女は「アタシは使い魔」と明かし、主人はトワ会長さんである。

あの小柄で可憐なトワ珍は、「魔女!」だとセリーヌは語る。

セリーヌを従えてアイゼンガルドの険しい山道を進み、後少しで人里、それもリィンの故郷ユミル近くに出られるという時、ボス敵出現。

あわやと言う時に現れたのは、遊撃士トヴァルとアルフィン皇女、もう一人、妹のエリゼだった。

リィンは実家の男爵家で父母と再会、あちこちで装備を調えてから、ユミル渓谷道に向かうこととなった。

帝国はほぼ全域が敵の手に落ち、皇女はトヴァルに助けられ、辺境であるユミルに、言わば亡命という形になったらしい。

メンバーは、エリゼとトヴァルが加わっている。

ユミル渓谷道では最奥に移動すると、ボス敵との対戦になるが、騎神に対して生身では勝負にならず、アイゼンガルド連山に残してきた灰の騎神を呼び寄せ、敵を倒した。

その後ユミルに戻ると、猟兵団が襲撃していて、父は撃たれて重傷を負う。

そしてエリゼとアルフィンは誘拐されてしまった。

灰の騎神は会話もでき、仲間達はケルディックにいるという。

彼?は、仲間を見つけることも、女の子のパンツを頭にかぶることも、うどんを鼻からすすることも、その他なんでもできるのである。

書いていてアホらしくなってくる。

ランスでもあったが、制作者が「あれもできます これもできます なんでもできます」設定にしてしまうと、いかにもウソくさくアホらしく、現実味がなくなり、興ざめになってしまう。

そこでケルディックへはルナリア自然公園経由で行く事になった。

ケルディックでは、各所で学院の院生と出会い、話を聞くことができたが、肝腎のZ組の院生の話は、出てこない。

大市で帝国時報・第2号、手書きの地図を入手すると、手書きの地図が挟まっていた。

その地図での位置は、東ケルディック街道らしい。

鍵を拾い、その鍵で風車小屋のドアを開けると、マキアスと再会、共にケルディックに戻った。

街ではオットー元締めから、2つのクエストが出た。
しよう。

必須クエストは「薬草の調達」、任意は「東ケルディック街道の手配魔獣」である。

薬草クエストは教会で受注、手配魔獣は元締めからなので、そのまま薬草探しにルナリア自然公園1出かけた。

そこに生えているキュアハーブを入手し、すぐ報告に戻った。

手配魔獣はイタチに似た大畑荒らしで、くさい奴を連発するが、これも倒してクエスト完了。

東ケルディック街道では、エリオットとフィーに再会した。

謎の男から線路へ降りる道を教わり、線路伝いに双龍橋からガレリア要塞方面に向かった。

廃墟と化したガレリア要塞では、1と同様に前ふりも事前の伏線もなく、唐突にフィーの元同僚の猟兵が登場、しかもやたら強い。

とても勝てるレベルの相手ではないが、ある程度(20ターン位?)粘ると自動終了なり、次は灰の騎神を呼び出しての騎神戦となる。

唐突すぎてアホラシ・・・」と呟きたくなるのだ。


閃の軌跡2 その2へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ