S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4384 零の軌跡 PC

2021/11/17 | 投稿者: Hal


零の軌跡 PC その6

------------------------------------------------

第3章「クロスベル創立記念祭」である。

まずは一番楽そうな「違法駐車の取り締まり」から始めてみた。

これは簡単にクリア、次は「重要紛失物の捜索」でこれもクリア、「クロスベル百景の撮影」はあちこち飛ばなければならないので、かなり面倒である。

クロスベル大聖堂は、住宅街からマインツ山道に出て、北東に行ったところにある。

アルモリカ村、星見の塔、西クロスベル街道、マインツ山道とまわり、クエスト完了。

ジオフロントB区画は、住宅街の大きな階段を下りて東の入口から入る。

前に来た時には、帰り道は近道の穴があった筈だ。

近道は確かにあり、それを使って魔獣と対決、これを倒した。

こうしていよいよ「准教授の捜索願い」に入る。

聖ウルスラ医科大学受付のサラに話を聞くと、「捜索」の実態は准教授ヨアヒムのサボリらしい。

准教授は釣りキチとのことで、サボってどこかで釣りをしているのかも知れないから、連れ戻して欲しい、という依頼である。

釣りとなると釣公師団に聞くのが最善だろう。

幸いクロスベルにも支部があるので、とんぼ返りでクロスベルに戻った。

釣公師団では、本日はウルスラ間道の中州付近で釣り大会があり、准教授も参加するらしいと聞き込み、早速ウルスラ間道の中州に飛んだ。

ヨアヒム准教授は、釣り試合で私より大きい魚を釣ったら戻る、と理不尽な提案をしてくる。

ヨアヒムより大きい魚は釣れなかったが、完全に等量の魚が釣れ、この試合は引き分けとなったが、クエストは完了した。

クロスベル創立記念祭は第3日となり、偽ブランド業者の摘発、鉱山の魔獣退治、
ストーカーの捜査依頼!!、アルモリカ古道の手配魔獣などのクエストが出た。

まずはイリアにつきまとうストーカーからである。

アルカンシェルで話を聞くと、イリアの自宅内にまで入り込んでいるらしく、張り込みなどのために鍵を貸して貰った。

西通りの「ヴィラ・レザン」である。

イリアの部屋は豪華ではあるが乱雑であり、殆ど空の酒瓶がゴロゴロと転がっていたりする。

アパートで聞き込みをすると、目撃情報は殆ど無いが、一人だけ「地味で印象に残らない少年」という証言があった。

裏口から出た垣根には傷があり、ここから入り込んだらしい。

というわけで罠をはってガキを捕まえた。

イリアのところにしょっ引くと、辺境のスラム出身らしく、クロスベルの豪華さに憎しみを抱いたと言う。

シュリというみすぼらしい少年である。

イリアの裁きは・・・

劇団の下働きであった。

尚、この「少年」は実は「少女」であったという落ちがついている。

後は「アルモリカ古道の手配魔獣」と「鉱山の魔獣退治」である。

鉱山はマインツ山道経由、アルモリカ古道は東通り経由となるが、まずは「アルモリカ古道の手配魔獣」から行って見ようか。

アルモリカ古道の手配魔獣は、比較的簡単に倒すことができた。

「鉱山の魔獣退治」は、かなり面倒そうである。

廃坑の全てを探索し、術の魔獣を倒さなければならないのである。


零の軌跡 PC その7へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ