業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その258 PC VS PSP編

2010/10/28 | 投稿者: hal

零の軌跡プレイ開始。

ゲームの内容はとりあえずさておいて・・・

今回からファルコムのプラットフォームがPCからPSPに変わった。 ユーザー側からみると、多少価格が安くなったのを別にすれば、これによるメリットは全く何もない。 


最大の不満は画面が見づらいという点。 LKV8000という画面拡大アダプタを入れているが、拡大すると画像がやや荒れ気味で、美麗とはいいがたい。 しかしこれは、元々480*272という小さな液晶画面に対応した解像度のハードだから、それを23インチのPCモニタに全画面出力というのは無理がある。 荒れて当然なのである。 このアダプタ自体は正常動作で問題は無い。

とはいえ、特にキャラが移動する場合は、ポリゴンのエッジの部分がギラギラとしてずれるような感じになり、非常に目が疲れる。 これはLKV8000を入れずに直接D端子で接続した場合でも同様である。

次の不満は操作性が悪いということ。 PSPの小さなボタンで操作するのは、マウス操作に比べて快適ではない。 せめてPS123シリーズの左スティックならまだいいのだが・・・


三番目は万事動作が遅いという点。 起動時の読込も遅いし、別のステージへの移動にも数秒のタイムラグがある。

4つめは視点の回転ができないこと。 視点は斜め上からの俯瞰だが、これまでのPC版ではぐるっと360度(360度でない場合もあるが)回転でき、建物の陰になった部分を確認することも出来た。 今回のPSP版にはその機能はないようだ。


以上PC版と比べてのインプレッションだが、全ての点でPC版と比べるとスペックダウンという印象が強い。 尚(4番目を除いて)これは零の軌跡だけのことではなく、PSPの全てのゲームに当てはまる。 ポータブル機の限界ということなのだろうか。

もっともPSPにも利点はあることはある。 例を挙げると、ほとんどのゲームに「いつでもどこでもセーブ」機能があること、もう一つはスリープ機能があることなどだ。 これはまとまった時間をゲームにさけないユーザーにとっては、大変ありがたい機能だ

それにしても、期待できるゲームは、今の時代ではPCでまず発売というのは無理にしても、PSPよりPS2・PS3で出して欲しい。 残念ながらPS2は既に死んでいるが・・・

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ