S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4354 空の軌跡 FC

2021/9/21 | 投稿者: Hal


空の軌跡 FC その7

------------------------------------------------

翌朝遊撃士協会に戻り、エルナンにこれまでの経緯を話すと、これより遊撃士ギルドは緊急態勢に入るので、国家権力には不干渉の条項は適用しないと言う。

更には、クローディアらが捉えられている場所は、エルベ離宮らしいので、ナイアルや親衛隊とも協力して欲しいとのことである。

現在グランセルにいる遊撃士は、クルツ、グラッツ、カルナ、アネラスの四名で、彼らを捜してギルドに集まるよう、連絡を依頼された。

まずはナイアルで、リベール通信社へ行くと、一昨日から姿を見せないそうだ。

彼は、「誰かに呼び出された」と言っていたが、その際クローディア姫の縁談について、調べていたようである。

となれば、ナイアルもエルベ離宮に囚われている可能性が高い。

次は、クルツ、グラッツ、カルナ、アネラスの四名を捜してギルドに集まるよう、連絡することである。

カルナは南地区の武器屋に、グラッツは居酒屋に、アネラスは東地区の百貨店内で発見、クルツは北地区のホテルの2階にいたので、ギルトに集まるよう伝えた。

大聖堂では司教にユリアの行方を聞いたが、昨日出ていったが、行く先はわからないとのことであるだ。

ギルドに戻り、全員で相談したが、まず突入隊、それに攪乱隊、突入隊を阻止する敵の要撃隊などの役割分担が決まったが、頭数が足りない。

その時、「私たちもお手伝いしよう」という女性の声が聞こえ、ユリア中尉と親衛隊が入ってきた。

これでメンツは揃い、陽動隊は親衛隊の4名が、錯乱隊も親衛隊4名が、要撃隊は遊撃士が、突入隊はエステルらが、受け持つことになった。

かくてエルベ離宮へ突入、特務兵らと戦闘しながら進み、西側の通路の一番奥にある談話室へ入ると、執事のレイモンドがいた。

彼がナイアルの知人だったのだ。

レイモンドは、展示室にスペアキーが隠されていると言う。

そして広間に続く扉があったが、鍵がかかっている。

展示室の右奥にある大きな壺を調べると、壺の底からスペアキーを発見した。

これで鍵を開けて広間に入ると、ナイアルがいて、奥には囚われのお姫様が・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ところがそこへ特務兵の中隊長が現れ、モルガン将軍の孫娘を人質にする。

またまたところが、そこに都合良くシェラザードとオリビエが現れ、中隊長を中退させてしもた。

一体この姐さんは、定期便が運休しているというのに、どうやって王都まで辿りついたのか?

それは勿論空の軌跡の都合のためである。

というのは嘘で、実際にはヴァレリア湖をボートで渡って来たそうだ。

ユリア中尉とシロハヤブサのジークフリートまで登場、クローゼ改めクローディア殿下は、正式に遊撃士たちに依頼をする。

女王の救出と王城の開放である。

ヨシュアはクローゼから地下水路の秘密地図を貰い、地下水路から王城に侵入することになった。

そして他の遊撃士と親衛隊が正門から強襲し、その騒ぎに紛れてクローゼが操縦する情報部の特務艇でエステルらが空中庭園に強行着陸、女王を救出するという作戦である。

ヨシュア班は、ヨシュア、ジン、オリビエの3名で、地下水路に入った。

迷いに迷ってようやく出口の城の入口まで辿りついた。

ここでは「正午まで待つ」を選択すると、エステル班のシーンとなる。

エステル達は情報部の特務艇に乗り込み、離陸した。

時は正午・・・

ヨシュア班は門を開けるため、東に進んで南側の階段を上がり、敵を蹴散らして門を開けた。

なだれ込む親衛隊と遊撃士たち。

エステル班は空中庭園に着陸、女狐カノーネを倒して女王宮を目指した。

女王宮ではロランス少尉と戦闘になるが、武術大会の時はほんの遊びだったのだろうか、信じられぬほどの強さである。

なんとかロランスを倒すと、彼は城壁を飛び越えて湖に飛び込み、逃れさってしまった。

そこへ遊撃士一行とラッセル博士が現れ、リシャール大佐は、城の地下にある「輝く環」を手に入れようとたくらんでいるらしいと言うのだ。

「輝く環」は、それを持つものは世界を制することができるという、古代ゼムリア伝明の遺物である。

そしてそれは、この王宮の地下にあるようだ。

王宮の宝物庫付近には、頻繁に出入りした跡があり、一行は女王に案内されて現場に向かった。

その時正規軍が攻めこんだという知らせがあり、女王はバルコニーから軍の説得をするために、立ち去っていった。

そこへ遊撃士一行とラッセル博士が現れ、リシャール大佐は、城の地下にある「輝く環」を手に入れようとたくらんでいるらしいと言う。

「輝く環」は、それを持つものは世界を制することができるという、古代ゼムリア文明の遺物である。

そしてそれは、この王宮の地下にあるとのことである。

王宮の宝物庫には、地下へ行くエレベーターがいつの間にか建設されていたが、ラッセル博士がいじるとたちまち動いてしまった。

こうして、エステルとヨシュア、ラッセル博士、シェラザード、オリビエ、アガット、クローディア姫、ジン、ティータは、エレベーターで地下の遺跡へと降り立った。

そしてそこで探索班と待機班に分かれて、地下遺跡を探索することになったが、この拠点に戻ればいつでもメンバー変更は可能である。


空の軌跡 FC その8 へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ