S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4353 空の軌跡 FC

2021/9/20 | 投稿者: Hal


空の軌跡 FC その6

------------------------------------------------

ジンチームの本戦第1戦の相手はレイブンで、楽勝かと思っていたが、彼らは意外に腕を磨いていたので、簡単にはいかなかった。

準決勝に残ったのは、空族チーム、ロランスらの特務兵チーム、それに遊撃士の2チームである。

ホテルに戻るとナイアルが現れて、食事に誘われる。

彼の狙いは勿論ネタさがしである。

そこで二人は、軍はロランスらの特務兵グループに弱みを握られ、モルガン将軍は監禁状態、親衛隊はテロの濡れ衣を着せられているなどをナイアルに教えた。

そしてその代わり、リシャールやロランス、カノーネらの経歴を調べてくれるよう、調査を依頼したのである。

翌朝、西街区の入口から地下水路へ入った。

一通り歩き回ったが、特に珍しいものもなく外に出た。

グランアリーナでは、今日の対戦相手は、同じ遊撃士のカルナチームである。

ジンチームは今日も快勝したが、カプアチームはロランスチームに惨敗。

特にロランス大尉は桁外れに強かった。

試合後リベール通信社で、ナイアルにリシャール、カノーネ、ロランスの履歴を見せて貰った。

リシャールとカノーネは、正規の士官学校出のエリートだが、ロランスは生年や国籍など不明、傭兵集団の「ジェスター猟兵団」所属と、不明な点ばかりである。

そしてカノーネ大尉は、士官学校でユリア大尉と同期であり、武のユリア、文のカノーネと言われていたそうだ。

ナイアルはもう一つ興味深い話をしてくれた。

王家には「クローディア姫」という、女王の孫娘がいるが、その姫のお見合いの相手を探しているのが、リシャール大佐だというのだ。

その「クローディア姫」は、当年とってエステルたちと同じ16歳、極上の美少女の上、素直で優しい性格のお姫様である、と言ったのはかく申すHalさんである。

南街区の遊撃士協会へ行き、エルナンから地下水路の鍵Bを貰った後、ホテルへ戻ると、自分たちの部屋には置き手紙がある。

「今夜10時に西街区にある大聖堂へこい」と、その手紙にはあった。

しかし、現在は軍が警邏中で、見つかるとホテルに戻されてしまうのだ。

とはいえ、何度か保護指導wwwされると、次第に衛兵の数が少なくなってくる。

こうして保護指導されること十数回、ようやく大聖堂に辿りついた。

大聖堂にはシスターエレンがいたが、彼女の正体はユリア中尉で、女官長のヒルダへの紹介状を貰った。

翌朝は地下水路Bだが、今回はざっと見るだけにして、早速試合会場のグランアリーナに向かった。

ロランスチームには完勝したが、ロランス自身はかなり力をセーブし、全力ではなかったような気もするのだが・・

グランセル城での晩餐会である。

ヒルダ女官長と会い、女王と面会する手筈を相談した。

ヒルダには何かのアイデアがあるらしいが、恐らくアノ手なのだろう、ヨシュアクンご苦労さま。

そして晩餐会では、例のトンデモ公爵とリシャールが、重大発表をする。

女王は体調不良と高齢のため、生前退位をし、次代の国王には公爵が即位するというのである。

晩餐会も終わり、ヒルダ女官長の所へ行こうとすると、リシャール大佐と出会った。

大佐と談話室で話したが、カシウスへの傾倒ぶりは本物らしい。

大佐は只の陰謀家とも言えない、複雑な人物のようだ。

そしてメイドの控え室でヒルダと話すと、ヨシュアくんには大変嬉しいことが決まってしまった。

女王に会う為に侍女に変装するのである。

学祭でも姫様になった位だから、侍女など軽い軽い。

クリックすると元のサイズで表示します

女王にラッセル博士のことを話すと、女王は博士が発見した古代異物「アーティファクト」のことを話してくれた。

そのアーティファクトは、今でも地下に眠っているとのことである。

さらにはカシウスの帝国との戦争での活躍も、話してくれたのだ。

最も重要なことは、女王は次期女王として、孫娘のクローディアを推そうと考えていた、という事実である。

しかし、リシャールはそれに反対し、ついにクーデターを起こしたのである。

女王は、遊撃士協会への正式依頼として、クローディア他、囚われている人々の救出を依頼した。


空の軌跡 FC その7 へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ