S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4341 クロスフェードに堕ちた夢

2021/9/7 | 投稿者: Hal


クロスフェードに堕ちた夢 その1

------------------------------------------------

説明では、

『1年前、突然記憶を失ってしまった青年「高瀬慶一」。

彼が謎の組織に追われる少女「如月楓」と出会った時から運命の歯車は回り出す。

硝煙と血煙の先に見え隠れする過去は幸福か絶望か。

その答えは夢の中に存在する……』

そんなB級ハリウッド映画のような内容になっています。

となっている。

とある部屋で、黒ずくめの男と中年の男が対峙している。

黒服は拳銃で中年を撃つが、中年男の娘が乱入し、黒服は娘を撃つ。

娘は黒服から逃れて去って行く。

主人公の名前は「高瀬慶一」、記憶喪失である。

記憶にあるのは一人の女性だけであり、その女性新堂玲華は慶一のことはかなり詳しく知っているらしいが、多くは語らない。

新宿を思わせる繁華街の片隅で、腕っ節をかわれて、バーの用心棒をしながら自分の過去を探している。

そんな慶一の前に一人の少女が現れた。

いや、現れたというより倒れ込んできたのだ。

しかも右腕は血にまみれている。

「逃げなきゃ・・・ 私逃げないと・・・」

と、黒ずくめの男が銃を構えて近寄ってきた。

そして慶一の顔を見て黒服は「高瀬、生きていたのか!」と驚きの声を上げる。

しかし、「何故俺のことを知っている?」という問には答えず、少女を渡せと迫るが、慶一は銃を蹴り飛ばし、男を殴り倒した。

少女を抱えて自室へ。

傷の手当てをし、楓と名乗ったその少女と話すと、「お父さんを助けて」と頼まれ、彼女の家へ行くと、中には倒れた男と金髪の青年がいた。

金髪の青年は驚異的な身体能力を持っていて、銃を構える慶一を翻弄したが、慶一には何もせず去って行った。

自宅に戻り、楓の父誠人の手当を楓と共にしたが、幸い生命には別状ないようだ。

ところが誠人の容体は悪化し、救急車を呼ぶことになったが、ここで選択肢1、「一人で乗る」新堂1P 「楓と乗る」楓1Pとなる。

これは新堂と楓の、シナリオ分岐でのポイント割り振りらしい。

まずは楓シナリオで進めるつもりなので、楓と二人で乗るを選択した。

病院に着き、ストレッチャーで搬送される誠人に付き添おうとして、気がついた。

中にはあの金髪の青年がいるのだ。

幸い何かを熱心に読んでいたので、向こうは気がつかなかったらしい。

楓を近くの喫茶店に隠し、再び病院の中をうかがうと、あの金髪はもういない。

入ろうとすると後から嘲笑が響いてきた。

金髪男である。

こやつは自分「たち」は第三種強化兵「キメラ」だと言い、神速の動きで慶一を翻弄する。

その時あの女新堂玲華が現れ、金髪を緊迫して追い払ってくれた。

そして誠人の安全も保証して去って行った。

その後、楓らしい少女を見かけて声をかけると、人間違いであり、その娘は沙耶と名乗り、楓の双子の妹だと言う。

しかしこれも罠であり、慶一は銃で撃たれ、楓は虜となるる。

新堂は楓のことを知っているらしいが、聞いてみるか?

ここで選択肢2、「楓たちのことを聞く」楓1P 「新堂といる」新堂1Pとなる。

今回は楓ルートが目標なので、「楓たちのことを聞く」で進めてみた。

翌日になると傷は治っていた。

新堂が置いていった地図を頼りに、山間の薬品研究所の廃墟にやってきた。

建物の2階で隠し部屋を発見、これはエレベーターとなっていて地下に降り立った。


クロスフェードに堕ちた夢 その2 へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ