S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4327 束縛スル里

2021/8/26 | 投稿者: Hal


束縛スル里 その4

------------------------------------------------

ともあれ、まずはどうしたら男に戻れるかが最大の問題であり、ネズとXに話を振ると、まず女の子になったきっかけから、話は始まった。

まずは鏡を調べることからであろう。

全ては鏡から始まったからであるが、収蔵庫で文献や古文書を調べて、鏡の詳細を知ることができれば、男に戻るきっかけも掴めるかも知れない。

ノブ嬢は一人で寝るのが怖く、元の二人部屋でネズの隣に布団を敷き、そこで寝ることにした。

そして改めて礼を言ったのだが、ネズからの返事はない。

選択肢20、「無視かよ」「寝ちゃったのかな」で、「寝ちゃったのかな」としてみた。

その後の展開は、夢なのか現なのか、ノノブブちゃんには判断できないが、やられたようなやられないような、微妙な進展だったようならしいようならしくないような・・・

「彼女」はまつ香から着物を着せられることになったが、まず湯文字を着け、和服の着付けとなった。

明るい朱色の着物を着たノブは、自分でも見とれるほど可愛かった。

それをキンパチに早く見せたいと、彼女は早足で進んだ。

収蔵庫前には、FMSを除く全員が集まっていた。

収蔵庫では、「この村にまつわる昔話だな」「この村にまつわるおとぎ話だな」の、選択肢21となる。

これは製作サイトでの攻略ガイドにあるように、「おとぎ話」とした。

やがてXが銅鏡のことを書いた古文書を発見したが、その鏡は古くからこの村でご神体として祭られていたらしい。

ご神体とは神が宿る物体や場所のことを指すが、その古文書では、その鏡は異常に曇りがなく、キンパチは照魔鏡かも知れないと言うのだ。

照魔鏡とは、魔物などの正体を現すという伝説の鏡である。

照魔鏡には別の側面もあり、それは見た者の正体も暴き出すということで、ノブシゲは本来は女性であり、それがなんらかの理由で男として生きることになったが、あの鏡が本来の女性に戻したのでは、とネズは語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・むぅ

つまり、ノブ嬢に関しては、「これでいいのだ!」

ノブ「良くないっ!」

Xはもう一つの絵巻物を見せたが、そこには盗族が女に変わり、その後鏡を打ち砕くと元の男に戻るさまが描かれていた。

つまり、あの銅鏡を壊せば元の信繁に戻れる「かも」知れないということである。

制作者サイトでは、この後「銅鏡を壊さない」でGOOD END、「壊す」でNORMAL ENDとしている。

壊さなければ男に戻り、壊せば女のままということなのだろうが、Halさんには女のままでいてネズと結ばれた方が、ノブちゃんは幸せのような気がするが? 

このゲームに限らず、ノベル系のゲームではウジャラウジャラと、どうでも良い感傷を延々と書き連ねることが多い。

それがHalさんにとっては苦痛であり、うんざりするのだ。

Ruinaは例外だがあれはノベル系ゲームではない。

こうして選択肢22、「壊す」「銅鏡を壊さない」となり、まずは「壊さない」から行ってみた。

キンパチは「お前の性別が男でも女でも、そんなことはどうでもいいことだ」と言い、そこに現れた亡者については、「あれは村人の祭りの時の変装だ」などという。

その後ノブはナガムシ様の憑依した満月の花嫁となることになり、イロエロとあんなことやこんなことをされ、そしてついに初夜となった。

嗚呼! ノブ嬢の運命や如何に?

その時速くカノ時遅く、乱入するネズ!

ネズは神刀神薙ぎを携えていて、満月を倒し、二人はこの里を逃げ出した。

そしい夜が明ける頃、ネズはその神刀で鏡を破壊するが、ノブは男には戻らない。

それはそうだろう、ノブもネズも、ノブが女のままでいることを、強く望んでいたのだから、当然である。

これにて変幻六花編GOOD ENDは完了である。

続いてNORMAL ENDではどうなるか、

これはGOODとほとんど変わらず、単に信繁が男に戻っただけである。

BAD ENDでは、選択肢21の「昔話だな」「おとぎ話だな」で、昔話を選択するとキンパチは助けには来るが倒されてしまい、ノブは満月に惑わされてキンパチを満月と思わされ、その頭を石で潰す。

その後ノブは「キンパチ」の子を何人も産み、夢の中で過ごし続けた・・・

我田引水編に入ると、里へ行くための車の中で、「僕はこんなに酔いやすかっただろうか。」 「気持ち悪いけど頑張って起きてよう」「寝てしまおう」の分岐となる。

選択肢23である。

春爛漫の4月となり、愛娘は桜花といい、妻は橙乃である。

娘は愛らしく、妻は結婚以来齡を取っていないように見える程、若々しく美しい。

彼は幸せ満開の生活に満足していたが、同時にそれを失うことに恐れを抱いてもいた。

里の宿で信繁は目をさます。

昼飯の時間となり、選択肢24で「食べる」「食べない」の分岐となるが、制作者サイトの攻略記事では、「食べる。」を選ぶとGOOD ENDへ、「食べない。」を選ぶとBAD ENDとなるとある。

となればまず「食べる」で進めてみようか。

昼食中に、穴山がユリカに「彼氏とは別れたのか」と無神経な質問をすと、ユリカは顔色を変え、「死んでやる!」と言い残して館を飛び出した。

信繁は慌てて後を追ったが、途中で見失った。

しかし信繁には凡その見当はついていたので、深い谷の前に直行した。


束縛スル里 その5へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ