S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4323 渇望スル島

2021/8/22 | 投稿者: Hal


渇望スル島 その3

------------------------------------------------

渇望スル島も残すシナリオは、恋愛系のみとなった。

或いはこれは恋愛系ではなく、恋愛系とはユリカのシナリオで、これがホラー系なのかも知れないが。

未読のシナリオに入る方法として、どれかの選択肢を選んだ後、既読スキップで飛ばせるならそれは既読、飛ばせなければ新たなシナリオということになる。

あたりである。

信繁がよく見る夢の話となり、その夢にはいつもある女の子が出てくるが、その子の名前や正体はわからない。

白寿島での夜、満月がいないことに気がついた。

誰も満月が何処にいるのか知らないし、探しに行こうということになった。

選択肢9は「堤防に行こう」と「団地に行こう」である。

まず団地から試してみた。

すると団地の壁に落書きがあり、「コノ島ハ欲シテイル」とある。

これは昨日来た時にはなかったので、今回のメンバーの誰かが書いた、ということになる。

と、どこかで悲鳴が聞こえ、行ってみると満月が死んでいた。

このシナリオは「殺人幽霊篇」というらしいが、瞬間的な表示なので多少異なるかも知れない。

異変はそれだけではなく、満月の死を警察に連絡しようと、クルーザーの無線を使ったがうんともすんともいわない。

調べるとバッテリへの配線は、全て立ちきられていた。

無線機だけでなく、船そのものが動かせないのだ。

するとFMSが妙な事を言い出した。

この島に関する嫌な噂があるそうだ。

白寿島には幽霊がいるという噂たが、あくまでも週刊誌の無責任な噂である。

ともあれ、皆で手分けして島内を調べることになった。

ここで選択肢10、「満月の遺体」と「歓楽街後」で、まず満月の遺体から進めて見たが、なにもみつけられなかった。

その後、一磋の姉海清がいないことに気づき、探すと彼女は梁にぶら下がっていた。

刑事のペケ蔵が調べたが、これは他殺だと言う。

選択肢11は、「滑車を使う」、「黙っている」で、「滑車を使う」を選択した。

しかしそれは刑事のペケ蔵に却下され、彼は意味深な笑顔で迫ってくる。

恐怖を感じた信繁は、ペケ蔵を廃材で殴り殺す。

皆が集まっていたが、鏡に映った信繁の顔は、浅黒い中年男のもので、ネズは「お前は齡が離れているが普通の友達として接してくれと言っていたよ」と言うのだ。

そして信繁はXに、「あなたは全て忘れることにした」と指摘される。

ところがそこへ現れたキリカは、「Xなんて人物はこのツアーには参加していない」と言う。

ここで選択肢12「後ろを振り返る」「振り返らない」で、「振り返る」を選択すると、白寿島に渡る前の前日、喫茶店で目覚めた。

勿論中年ではなく、21歳の青年としてである。

これが殺人幽霊篇である。

では「振り返らない」では? 全く同じだった。

これなら分岐の選択肢など不要ではないか?

これにて、冗長な部分は多いにせよ、十分楽しめた「渇望スル島」は完了である。


引き続き、続篇の「束縛スル里」の予定。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ