S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4299 Ruina 廃都の物語1.21

2021/7/29 | 投稿者: Hal


Ruina 廃都の物語 その20

------------------------------------------------

魔将ナムリス戦だが、エンダは仲間にしたものの、レベルが低すぎてそのままでは弱い。

ところが先に虹色魚を釣ってしまったので、育成していたのでは魚が腐ってしまう。

ということで、先にバイオケーキを作ってしまった。

エンダはあてにせず、このメンバーでナムリスに挑んでみようか。

毎度のことながら泥縄である。

ところがいかなる神の働きか、1ターン目でバイオケーキを三連発すると、ナムリスを倒してしまった。

バイオケーキの威力、恐るべし!

街に帰ると、テオルが来ている。

宮殿でのパズルは、番号を入力するための罪人捜しが、最も面倒だが、これもクリア。

妖精の塔に入った。

妖精族の青年と会ってからの進路は、東・北・西・北・東・東・東・西となる筈である。

こうして進んで、樹の上部で妖精王ユールフィンデとの戦闘になる。

勝つと翡翠のシルハ入手、続いて宮殿に戻り、タイタス16世との戦いである。

今回は案外簡単に倒すことができ、その後は小人の塔への道も開けた。

さらに古代都市と大廃墟にも入ることが出来、これより後半戦という所である。

聖なる骨と燃える羽根を探し、古代都市の競技場でトーナメントに参加した。

選手は怪力のネルである。

しかし、最後のエルバクス戦で4回連続敗北、まだ力不足らしい。

ロードして小人の塔で経験を積むことにした。

鉄籠の昇降機ではダイアル入力があるが、これは1593だっけ?

小人族の王子ダリムからは、助力を頼まれた。

敵は王の弟ミーベルである。

彼は気のいい男で、父王にエメクらを紹介したが、王はけんもほろろの扱いで追い返される。

ダリムは詫びを言い、それでも小人族の為に手助けをと言うのだ。

そしてついにミーベルを追い詰めて倒すが、魔将が現れ、ミーベルを救い出して去っていった。

さて、この後だが、敵は全て倒したのにクリアにならない。

これは小人の塔の右端の道を辿り、扉開けをし、更に鍵の暗号のパズルをしなければならない。

これは10進数から3進数への変換である。

そして進むと、小人の塔下層の右側下部の扉から、下部中央に入り、ミーベルとの再戦となる。


Ruina 廃都の物語 その21へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ