(無題)

2021/7/21 | 投稿者: Hal


Ruina 廃都の物語 その13

------------------------------------------------

ダリムからは竜骨を貰い、竜の塔下層では東の岸部で渡し船に乗ると、西の離れ小島に着いた。

そこには朽ち果てた巨竜の骨があり、調べると青金石のフィーアを取得した。

さて、これで4つの秘石は揃ったが、月長石のユーヌムがない。

この月長石のユーヌムは、前回は、宮殿の!マークを調べ、その後左の○などを調べると出てきた筈である。

しかし、今回はそれでは出て来ない。

生憎、前回は何をしたのか、詳しいことは忘れてしもた。

どうやら、玄室である程度進んでから戻らないと、出て来なかったのか?

これが当たりだった。

まず先に墓地に入り、 右手の▽から下る。

そして山形(△形)の、底辺中央にある広間を調べる。

これで今まで異なるメッセージが出るので、宮殿に戻り!印を調べると、無事月長石のユーヌムを入手できた。

この状態でタイタス1世を倒せば、「通常マップ」はクリアとなり、後はアーガデウムでのオーバーロード戦となる。

月長石のユーヌムを持った状態では、これまでとは進行が少し異なるようになった。

進むと渡し船がやってきて、魔将ク・ルームとの戦いとなる。

これにも勝ち、更に下部へと進むと、白子族という奇形の一族と出会った。

そしてその白子族の長は語る。

「我らは始祖帝により作られた一族です。

一族同士で交わり、子を伝えていたため、このような奇形になりました。

しかしいかなる奇跡か、ある時身体に何の異常もない、珠のような御子が生まれました。

そこへ始祖帝の使いが来て、我らはその御子をゆりかごごと川に流しました。」

キャシアスは思いだした。

父アムールはキャシアスに、その出生の秘密を明かした。

キャシアスは実子ではなく、妻が川の畔で拾った子だ、というのである

ということは、キャシアスは始祖の一族ということになるが?

そしてついにタイタス1世との戦いになる。


Ruina 廃都の物語 その14へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ