S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4291 Ruina 廃都の物語1.21

2021/7/20 | 投稿者: Hal


Ruina 廃都の物語 その12

------------------------------------------------

ダーマディウスと戦って辛うじて勝利すると、古代都市の神殿に入れるようになる。

街に戻るとシーウァと戦将バルスムスによって街は占領されていた。

ここでようやく気がついたのだが、メンバーの装備、特に防具は予想されるボス敵に合わせて、随時変えて行かないとだめらしい。

でないと、Aの敵には楽勝だが、Bの敵には一蹴されるということになる。

ダーマディウスと戦って勝つと、宮殿に行けるようになった。

宮殿の北西の出入り口から入ると、妖精の森に出る。

ここの進み方は、既に聞いているので、前と同じく、「東・北・西・北・東・東・東・西」と進むと、妖精族の塔に至る。

更に進むと妖精族の攻撃を受けるが、危険な橋は走って通り抜け、戦闘に勝つと妖精族の王から通れと言われた。

ここで一旦宮殿に引き返し、9人の罪人の番号入力となるが、番号自体はわかっていても、その罪人を配置できるようにするのが、非常に面倒なのだ。

しかし、今回は既に入力された状態になっているので、そのまま南に進むと、4つの秘石を捨てなければならない。

しかし、現在は一つも持っていないので、これを集めることになった。

この秘石は、最終決戦であるタイタス1世へのルートなので、現在はなくて当然である。

妖精の塔では、妖精王ユールフィンデと戦い、勝つと秘石風のシルハなどを得た。

次は巨人の塔で、山登りがある。

吹雪の中を登るのだが、途中で1度凍死した(;´Д`)

それに敵の名前当てもあるが、これは楽勝。

「そら」は案外簡単に勝てたが、街に戻ると、テオルが兵をつれて街の奪還にやってきた。

アルソンは大喜び、「日本人なら国を護れ」と強制的に義勇軍に入れられてしもた。

敵と戦い危なくなると酒場に逃げ込み、一晩寝ると街はテオルによって開放されていた。

その後アムールはキャシアスに、その出生の秘密を明かした。

キャシアスは実子ではなく、妻が川の畔で拾った子だ、というのである。

最終ステージに進むには、青金石のフィーア・翡翠のシルハ・柘榴石のニルサ・琥珀のエルヤの4つの秘石が必要だが、青金石のフィーア以外は全て取得している。

青金石のフィーアは、竜の塔下層の竜の頭にある筈だ。

まずは小人族のダリムに会って、素材を貰っておこうか。


Ruina 廃都の物語 その13へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ