S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4261 ゾウディアック2+

2021/6/17 | 投稿者: Hal


ゾウディアック2+ その2

------------------------------------------------

このゾウディアック2+の操作方法は独特のもので、非常にわかりくい。

前回書いたグローバルマップでの移動もそうだが、ロードの際のファイル選択にしても4つしか表示されない。

これはメニューバーの下のアイコンをクリックすれば、次の4つのファイルが表示されるのだが、それに気がつく迄かなりの時間がかかった。

このあたりの操作方法は、マニュアルには全く書かれていない。

ゲームそのものはそこそこ面白いのに、なんとも不親切なことである。

レストランに入るには、車が邪魔になるが、これは先にゲレンデでスキーコースに行き、東北西に数回移動すると、チェスのコマを取得するので、それを遊戯ルームのチェス盤に置く。

外に出る時には、予めランタンとオイルを取っておかないと、凍死する。

駐車場で小型トラックに車のキーを使用、さらに乾電池とミニファイアーボールを使用し、岩のような物体に行って目覚まし時計を使用すると、岩が爆破されて動力室へ行けるようになった。

動力室には蛇が絡まったような怪物がいて戦闘となるが、これまた操作がわからない。

なんでこんな妙なシステムにするのかは、更にわからない。

ともあれ、右端まで行き電源スイッチを押してから、倒した。

その後は山小屋から天体観測所に移動した。

天体観測所でもパズルを解き、怪物と戦いする内に、山荘で2名ずつ二組になったサラとアレンが、怪物に襲われるのを望遠鏡で目撃した。

ティーンとアンディは雪原に出て、次ぎのステージである洋館を目指した。

古びた大きな洋館だが、奇妙なことにそこに向かって進んでも、一向に近くならない。

ふと気がつくと、ディーンは屋内にいた。

アンディが運んでくれたのかとも考えたが、アンディはいない。

と・・・ ゾウディアックが現れ、色々と話をする。

このステージではトラップが幾つかあるが、その一つが何回かホールに戻ると。「後*回」という表示である。

これは展示室の銅像に、寝室で入手した聖書を持たせれば、解消する。

使用人室その他のメッセージを読むと、この洋館の主人は医師であり、夫人と子供を熱愛していたが、不幸にも二人を亡くしてしまう。

医師は悪魔に魂を売り、子供に他人から奪ってきた身体を取り付けた。

子供は絶望し、館に火をつけた。

これでおおまかなパターンが読めてきた。

悪魔はゾウディアックであり、この子供とは包帯巻きのジェフではないか?

主人公のディーンかとも思ったが、元々このゲームのストーリーはあってなきがごとしもの、都合によって自由自在に取って付けるので、なんも言えない。

2階寝室で人形三体を使用、はしごを下る。

ぬいぐるみとの戦闘後に、輝く鍵を使うと、ディーンは山荘にいるが、管理人が負傷している。

ジェフが手当てしてくれたそうだが、重傷のようである。

彼はディーンの手のひらの傷について、話が聞きたいとのことだ。

その傷は、16年前の火事の時のもので、ディーンは手にやけどをおいながらも脱出したが、両親は死亡した。

それを聞いた管理人は、ジェフから渡されたいう写真を見せた。

その写真はディーンのものだった。

管理人は言う。

「あなたとジェフは同一人物の裏表です。

あなたは火事の時逃げ出した方の人物で、ジェフは踏みとどまって両親を助けた方の人物なのです。」

ディーンはマップ中央の洞窟に入った。

ここは「地下迷宮」なのだろうか。

そこではジェフと会い、話を聞いた。

彼は火事の時両親を助け出したが、脱出後に母は死んだ。

父はその後暫く生存し、手紙を残して死んで行った。

ディーンとジェフのどちらがコピーなのか、知っているのはゾウディアックだけだろう。

こうしてゾウディアックとの戦闘となるが、これがまたひどい。

これまでの戦闘とは操作が違うらしいが、銃を装備していても、まともに撃つことも出来ないし、2度程攻撃されると死んでしまう。

ゾウディアック1と似たような状況で、もうゾウディアックシリーズはこりごりである。

ゲームそのものは中々面白いのに、ユーザビリティが悪すぎる。

もったいないことである。

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ