S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4219 ランス10 やり直し

2021/5/7 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その8

-------------------------------

■ターン5

織田城では、北条早雲は死国に行ったまま帰らず、金のオーブもそこにあるという情報が得られた。

こうして一行は死国に入った。

早雲を発見して戦闘となり、リセットのクラウゼンの手で、早雲は正気に戻った。

そして南条蘭の生まれ変わりである、北条すずの愛の力により、早雲は生きる気力を取り戻した。

オーブは地下にあるようで、地底湖の崖で金のオーブを取得した。

その後は大怪獣クエルプラン出現、これは倒せないので、7ターンの終了待ちである。

引き続き悪魔ネプラカス出現、これも倒せないので、4ターンまで粘るしかない。

辛うじて引き分けに持ち込んだが、再戦の力は誰にも残っていない。

皆が最早これまでかと思ったその時、表れ出でたる若武者ひとり。

ダークランスである。

これはランスと悪魔の子だから、当然強い。

ダークランスはたちまちネプラカスを追い払い、九死に一生を得たのである。

その後、ネプラカスが奇妙なことを言っていたのを、エールは思いだした。

エールには不思議な力がある、ということである。

クエルプランに呑み込まれそうになった時、寸前で助かったのは、その不思議な力のためなのだろうか・・・

それには仲間の皆が気づいていたのだ。

■ターン6

ここはゼスである。

一行は不思議な声に誘われて声に近づくと、突然異界に投げ込まれる。

そこはどうやらミラクルの異界らしいが、一人の少女が現れる。

彼女はミックス・トーで、母はあのマイペース魔法使い、ミラクル・トーである。

ミックスは町医者なのだが、大変人気のある天才医師らしい。

新たな発見やら新技術の開発を幾つもしていて、患者が大挙押し寄せているのだ。

そして奇妙な扉をくぐり抜けると、ミラクルがいた。

一行はそこでお茶をご馳走になったが、たい焼きに噛みつかれたり、赤黄青緑のスパゲティが出て来たり、満漢全席のお茶会である。

■ターン7

ゼスに入り、エールの家にいって見たが、鍵がかかっていて入れない。

やむを得ず一行は先に進むことにした。

今のマジックは、「自慢の」おでこはあまり目立たず、若い頃より美人になっていた。

マジックの娘鮨塗(スシヌ)は、若い頃のマジックとそっくりだが、やたら引っ込み思案の所は全く違う。

粗暴なザンスを怖がって、自家製の異空間に閉じこもってしまい、エールとリセットがなだめて、参加を納得させた。

オーブだが、マジノラインを越えて魔物界に入り、パワジオンセンという迷宮にあるそうだ。

中に入ると剣撃の音が聞こえてくる。

その音に近寄ると、毛利元就が戦っていた。

JAPANの毛利家の長女、毛利てるとランスとの間に産まれた乱暴者である。


ランス10 やり直し その9へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ