S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4197 戦国ランス 2周目

2021/4/14 | 投稿者: Hal


戦国ランス 2周目 その3

-------------------------------

そして、残ったのは武田と奧州となる。

武田に攻め込み、最後の城を落とすと、残った3人の武将との戦闘になるが、これは個人戦ではなく、ランスと武将の通常戦である。

但し、3人の武将の戦力はいずれも50名程度なので、ランスのみでも楽勝となった。

その後、眞田透琳は降伏し、信玄公に会わせると言い、信玄の前に案内するが、その「信玄公」は鎧のみだった。

つまり、「武田信玄」とは武田家の象徴であり、個人のことではなかったのだ。

その後は、さいたまで征夷大将軍を倒すと、奧州の妖怪国に宣戦布告可能となる。

ランスは征服した甲斐でてばさき牧場を訪れ、てばさきに乗ろうとすると蹴飛ばされてしまったWww

てばさきとは、戦国ランスでの馬だが、馬にして馬に非ず、超大型にわとりなのだ。

このてばさきは、焼いて喰うとうまいそうである。

こうして最後に残った独眼流との対戦となるが、この独眼流政宗は妖怪ではあるが、親人間派であり、人間との戦闘は避けたいと考えている。

しかし、鬼畜ランスはそんなことにはおかまいなく、戦闘を仕掛けた。

独眼流家はやたら城が多いが、まずは奧州制圧、続いてエゾに侵攻した。

これを落とせばJAPAN制覇、猿殺しルート完了となる。

最後の城を占領すると、政宗との個人戦となり、ランスとシィルで政宗と闘うが、政宗は回復するので、1ターン内で倒さなければならない。

政宗を倒すと妖怪城が崩壊して行く。

ターンが終わると信長との会話となり、信長は猿に話しかける。

信長「なあ、『日吉丸』!」

あっと驚くランスゴロ!

信長「ばれてないと思った?」

これでエンディングである。

こうして猿殺しルートに入る前からロード。

浅井朝倉を滅ぼし、鉄炮の種子島家に攻め入った。

現在既に1つめの瓢箪(信長の)は、割れている。

佐渡に攻め込んだが、1城を落としても、謙信が出て来て取り替えされてしまい、佐渡は1城も奪えない。

これは県政の謀反が起きるまで、待たなければならなかった筈である。

ここで2つめの瓢箪が割れた。

そして県政の謀反となり、ランスは謙信救出の為佐渡に攻め入った。


戦国ランス 2周目 その4へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ