S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4175 ランス6 ゼス崩壊

2021/3/22 | 投稿者: Hal


ランス6 ゼス崩壊 その4

-------------------------------

任務は、「魔女モヘカを成敗」、「血まみれ天使を退治」、「淫乱シスターの見学ツアー」、「ペンタゴン基地に向かい直接交渉」と、4つがある。

血まみれ天使はイタリアの街で地下1Fに行き、桜井家の鍵を拾い、桜井家の中へ入ると、奥の部屋で血まみれの天使と戦闘、これを倒して任務完了。

淫乱シスターの見学ツアーはハニワ平原で、教会に行くとあり不埒神官ロゼがいる。

文字通り見学だけで終わり。

「魔女モヘカを成敗」のペドロ山へは、山の中腹から地下道を通って行く。

中に入ると、応接間には少年の生首があるが、現れたコパンドンは「金かえさへん魔女、退治してでぇっ!」とのこと。

つまりモヘカはコパン丼が退治していたのだ。

これで自動的に拠点に戻り、コパン丼はそのままランス部隊に参加して、おさんどんをすることになった。

これでサブタスクはなくなり、メインタスクの「ペンタゴン基地に向かい直接交渉」となる。

ペンタゴン基地はマンタリ森にある。

地下に入ると、トラップがわんさとある。

天井に切れたライトがある所は、落とし穴で地下に落ち、大回りして戻ることになる。

天上にライトがないところはそのまま進めるので、切れたライトのみ避ければよいのだ。

地下2階で又あのナマガキと出会うが、これがフェリスのガキなのだ。

しかもその父親は・・・ランスである!

マリアは「そっくりね!」などと言って喜んでいる。

その先でフットと遭遇、戦闘となるが、フットは「ペンタゴンの全てが正しいとは言えない。 

しかし、ネルソンには恩がある。 このまま進むしかないのさ」と言い残して息絶える。

2Fの奥深くネルソン達がいて、ランスたちはネルソンと話し合った。

ネルソンの提案は、マジのラインのマナバッテリー破壊である。

当然ゼスの魔法使いは修復のためマジのラインに集まる。

その隙にアイスフレームとペンタゴンが放棄して、ゼスを掌握する、という作戦である。

ネルソンはランスを利用して自分達の目的を果たそうとしているが、それはランスも同様である。

ペンタゴンを利用してゼス四天王の美女たちを攻略するのが、ランスの目的なのである。

新しい任務は、「ペンタゴンの計画に参加する」、「王女アノキアの亡霊を調査」、「モヘカの館の怪しげな声を調査」の3つが出ている。

「モヘカの館の怪しげな声を調査」は、ペドロ山には新しい魔女が住みついたようで、夜になると怪しい笑い声が聞こえてくると、近隣の者は怖がっているそうだ。

モヘカの館に入ると怪しげな歌声が聞こえてくる。

「辛っ!!カラカラムーチョからっ!!明日はお尻がサボテンよ〜〜」

使徒ユキが下手な歌を歌っていて、ランスが一刀両断にすると、辛いからくっつくよとくっついて、去って行った。

「王女アノキアの亡霊を調査」は、安眠街道村の墓地にアノキアという魔女が眠っているが、その封印が弱体化していないか、調査するという任務である。

アノキアの墓には4体のガードがいるが、ランスはそれらを倒して祭壇に進み、アノキアの眠る棺の蓋を開けた。

しかしその身体は骨が散乱するだけで、復活は不可能である。

アノキアの亡霊は、他の者が信じないのにランスだけは信じてくれたと礼を言い、消えていった。

メインタスクの「ペンタゴンの計画に参加する」となる。

これは、マナバッテリーを知る者を尋問し、情報を聞き出すことである。

マナバッテリーの情報を確実に知っているのは、ガンジー王だが、これは捕捉が非常に困難である。

となれば3長官を狙うより手はない。

ランスはあの「ぷるぷるラドン」を担当することになった。

「祖国の解放計画その1 ラドンを誘拐せよ」で、場所は琥珀の城となる。

この城はやたら道が途切れているが、キャンプで「モンスター探す」し、戦闘すれば道が開けたりする。

しかも正門には電撃システムがあり、通り抜けはできない。

橋が上がっている所では、かなみに走り幅跳びに参加させ、対岸の橋を降ろす機械を操作させたりもして、ようやく琥珀城内に入ることが出来た。

彷徨う内にエミを見つけて捕虜にしたが、雷帝カバッハーンの正規軍と遭遇、これは強い。

しかし、エミを楯にして時間を稼ぎ、お帰り盆栽で基地に帰還した。

そして鬼畜は又々鬼畜アイデアを思いついた。

エミの陵辱シーンを写真に撮り、父親のラドンに「娘を帰して欲しければ、一人で俺と会え」という、手紙を出したのである。


ランス6 ゼス崩壊 その5に続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ