S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4143 ランス9 ヘルマン革命

2021/2/18 | 投稿者: Hal


ランス9 ヘルマン革命その2

-------------------------------

■第2章続き

パットンと話すと、シ−ラ姫の話が出た。

シ−ラはパットンの腹違いの妹だが、優しく可愛い少女だそうだ。

しかし、お飾りの皇帝に嫌気がさし、脱走する。

ルシアン・カレットとそっくりさんなのは、偶然なのだろうか?

こうして桃事件となる。

ドラクとの戦いである。

ドラクは蟹型の大型モンスターだが、一撃で楽勝。

ヘルマンは現在皇太后のパメラが皇帝代理となっているが、事実上の支配者は宰相のステッセルである。

ステッセルはパメラと通じていて、権力を振るっているのである。

■第3章

スードリ13では、ネロというアホ将軍が指揮しているが、ランスは城兵を場外におびき出し、その隙にネロを襲撃した。

しかし、卑怯にもネロは城兵を見殺しにして、自分だけは城外に脱出してしまった。

しかも用心棒として雇ったJAPANの女武者に、足止めをさせておいてである。

その女武者の名は、戦姫・・・

そして一休みしているランスの前に現れたのは、クルックー。

ランスクエストでは、右目が見えない筈だったのに、ランス9では左目を帽子で隠している。

更にアルカネーゼも現れて仲間になる。

悪かねーぜ。

なにせクルクルは、今や法皇猊下なのだ。

鳳凰でも砲王でも泡鏖でもない、法皇なのである。

そして4軍の副将の、いや副将だったクリームは、パットンに革命軍への参加を申し出た。

パットンは自分の指輪をクリームに貸し与えて、何かの時にはそれを見せろと言う。

初見の者に王家の証しを貸し与えるという、パットンの大度に、クリームは身が震える程の感動を覚えた。

このような点をみても、人物としてのスケールの大きさは、ランスよりパットンの方が数百倍大きいようである。

クルックーだが、画面の左側に表示される時には、ちゃんと右目を隠している。

先程右側に表示された時は、裏返しの画像だったらしい。

突然フリークが現れた。

あの浮遊都市イラーピュで出会った、金属人間である。

そして、コサックに逃げたネロは放置して、先に魔法砦である兵器を回収してきて欲しいと頼む。

このパットンの戦いを一変させうる兵器だそうだ。

そしてルシアンの回想となる。

ここで早くもルシアンの正体が明かされる。

ずっと先のエンディング間近かと思っていたが、ここであっさりシーラとばらされた。

シーラはメイドのペルエレに相談し、城を脱走したが、奴隷商人に捕らえられる。

その後はシーラではなく、ルシアンとして生きることになった。

シーラは後にヘルマンの大統領となり、ランスの子どもレリコフを生む。


ランス9 ヘルマン革命 その3へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ