S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4118 戦国ランス

2021/1/24 | 投稿者: Hal


戦国ランス その9

--------------------------------

真田透琳(これは真田昌幸かそれとも幸村か)が、織田家の家臣となる。

真田透琳は戦国ランスの武将の中でも、最強クラスの名将である。

しかし一方魔人側でも異形の恐怖、式部が復活する。

北条に攻め込むと、南条蘭を捕虜にした。

早雲はまむし油田の使徒を退治するために、家臣達は外に出し、自分だけ鬼の穴の中に自ら閉じ込めた。

一方、佐渡の地域イベントでは、「謙信と佐渡でピクニック」が出現している。

ターン24で、これが謙信ルートへの入口である。

今回はまず謙信ルートで行ってみようか。

謙信と佐渡でピクニックでは、皆が直江愛の作った料理に舌鼓を打っている間に、ランスは子パンダを捕らえようとして、道に迷ってしまった。

気温はどんどん下がってきて、ランスは寒さで倒れる。

気がつくと、たき火が燃える洞窟の中で、ランスは裸で謙信に抱かれていた。

直接肌のぬくもりで暖めようとしていたのである。

そして朝になり、下山しようとすると、傍らに宝箱があり、それを開けるとなんの脈絡もなく、まことにもって帆立貝に、アマテラスが登場する。

まあ、アリスのゲームだから、アマテラスでもににぎのみことでも神武でも、なんでももって来いや。

しかも天照大神は「これより帝レースを開催する」と言うのだ。

出場者は、謙信、正宗、信長(ザビエル)、元就その他であり、ランスは出場権はないようだ。

この「帝レース」とは、一つの会場(シーン)で一気に行われるものではなく、ターンの進行と共に戦闘などでポイントを取っていく、というものである。

信長(ザビエル)も帝ハチマキを入手している。

26ターンでは謙信が1得点である。

まずは北条を攻略したが、早雲は鬼の穴に自ら閉じ込めているので、捕虜にはできない。

しかも謙信がおたふく風邪にかかってしまい、レベルが一気に1までダウンした。

種子島家を制圧して次の明石家では、当主は少年風丸であるが、かなわじと見てぬへ人工生命体ぬへを解放した。

このぬへは計3体あり、戦いは3回まけるが、次はぬへはいないので楽勝となる。

そして風丸を捕虜にしたが、処置は未定のままである。

埼玉で熊野五郎、京で鈴谷無双に勝ち、帝レースで謙信ちゃんは現在46点となった。

100点までは後54点である。 

続いてタクガも制圧、毛利家との戦いになる。

ここには帝レースの元就もいるが、イベント進行で謙信は元就に殺されてしまい、ゲームオーバー。

攻め込む前によく見ると、毛利カズヒサと会うという選択肢が出ている。

これでカズヒサと話をすると、彼を織田でかくまうこととなった。

さらに柚原柚美はに捕虜しているので、配下にして謙信と闘わせ、これで帝レース得点91点。

これは元就とはイベント対戦は勝てない設定らしい。

となれば、信長・独眼流政宗・沖田のぞみ・傾国の中から対戦すればよい、ということになる。


戦国ランス その10へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ