S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4116 戦国ランス

2021/1/22 | 投稿者: Hal


戦国ランス その7

--------------------------------

戦国ランス、次は蘭ルートをやってみようと思ったが、先に瓢箪を5つ割られてしまい断念した。

ではと、かなり後のデータでOKの、五十六ルートに転進した。

とある戦いで、五十六に向かって飛んで来た矢を、ランスは素早くたたき落とした。

次の一発もたたき落とした。

感謝感激の五十六、「ランス様ぁっ!」

しかし、五十六は身持ちが堅く、お家再興の意志も固く、ランスは異国の人なので婿養子不可も堅く、一向になびかない。

しかも、この飛んで来た矢は、ランスに命じられたシィルが細腕で射たもので、勢いはなく、たたき落とすのは楽なのである。

しかしながら、こんな小細工までするとは、なんちゅう外道・・・

それでもなんとかするのがランスである。

群がる敵をマラ倒し、尻倒し、乳倒し、ついに五十六のハートを射止めたが、五十六は正式結婚まではと、えちを拒否する。

身持ちが堅いのも善し悪しですな。

ところがこれも上杉家と戦闘開始後なので、謙信ルートは不可、思い切り前のターン9からやり直しとなった。

今度は予めルートの目標を定めておいて、それに沿った進め方をするつもりである。

予定ルートは、謙信ルート、蘭ルート、五十六ルートの3つで、まず三河の徳川と対戦したが、上杉謙信が助っ人としてやってきた。

謙信は義を重んじ、他国に攻め入ることは悪としているのである。

三河を占領すると、上杉家と交戦状態にはいった。

大タヌキ家康は、敗戦を認めず個人戦を挑んでくるが、あっさり返り討ちにした。

それでも家康タヌキはさらに挑もうとするが、独眼流家の正宗が妖怪の王として、「人と争うな」とたしなめ、家康タヌキを討ち果たす。

その後はハニーの国今川を討ち果たし、伊賀を伺うというところで、13ターンである。

謙信はランス病でいつもは丼3杯の食事が、大盛り2杯しか食べられないという、重症である。

前のプレイでの県政の謀反は、未だ起きていないので、謀反待ちというところである。

謙信の山ごもり修行が終わったので、そろそろ攻めてみようか。

五十六は婿捜しに精を出しているが、今の山本家に婿に入るなどと言う、物好きな男はほとんどいない。

希にいても全てランスが追い返しているので、誰一人来ないのである。

そんなある日、五十六に「屑の工事麿々」という嫌みな公家がいいよるが、このアホ公家は女を縛っていたすのが趣味らしい。

五十六は嫌々従おうとしたが、そこへ障子を蹴破ってランス登場、おれの女(でもないのに)に手を出すとは!と、天空のかなた迄蹴り上げた。

というわけで、五十六パワーアップ、前面の的を貫通して背後の部隊にも効果のある、「山本弓掃射」を覚えたのである。

こうして上杉に攻め込むと、県政の謀反発生、城が県政に乗っ取られたのである。


戦国ランス その8へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ