S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4113 戦国ランス

2021/1/19 | 投稿者: Hal


戦国ランス その4

--------------------------------

ザビエルのいる本能寺には、織田全軍で乗り込んだが、そこで香が武将達にこの戦いの意義を説明した。

もはや兄信長ではなくなり、魔人ザビエルとなった存在は、JAPANの敵である。

これを倒さなければJAPANは滅びると。

当初は主信長ということで抵抗感のあった織田軍の武将達も、香のアジテーションですっかりやる気になったようだ。

しかし流石に魔人の使徒たちは強く、特に白虎には織田軍は一度は全滅、2度目のアタックでようやく倒した。

そして最上階のザビエルの部屋に入ると、言裏や性眼、それに健太郎までいる。

これも最初は全滅、2度目で倒せた。

最初より、2度目のチャレンジの方が、明らかに相手は弱くなっている。

このあたりがゲームバランスの良いところだろう。

ランスが魔剣カオスで闘うと、健太郎がザビエルの背後から、聖剣日光で刺し貫く。

そこを斬りつけるランス、たまらずザビエルは窓から落ちて行く。

しかし、下にはザビエルの死体はない・・・

その後、織田家の当主には、香がついた。

そして香は信長の遺髪を信長の妻の墓に葬った。

健太郎と美樹はランスの勧めで織田に厄介になることになった。

カオスは思い出す。

今の年号はLPである。

LP・・・

リトルプリンセスなのだ。

つまり、美樹は魔王リトルプリンセスだったのだ。

しかし、魔王になることを拒否し、健太郎と共に逃げ回っていて、JAPANにやって来たのである。

見た目は滅法可愛い。

但し、ランスが乱すて襲いかかると、布団で寝ていた。

美樹ではなく、ランスがである。

部屋の端から端まで吹っ飛ばされて、しっし〜んしていたのだ。

やはり魔王なのである。

触らぬ魔王に祟り無し。

ランスは以後自戒することにした。

次は武田家だが、これは強敵である。

しかしこれも撃破したが、天才軍師の真田が、驚愕の真実を漏らした。

武田信玄は実在しない!というのだ。

信玄の鎧の中味はカラッポで、誰も入っていない。

民を満足させ武将を信じさせるための、張りぼてだったのである。

こうして武田を落とすと、北条が宣戦布告してきた。

北条と戦い、後は江戸1国となった時、魔軍と交戦状態になった。


戦国ランス その5へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ