S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4110 戦国ランス

2021/1/15 | 投稿者: Hal


戦国ランス その1

--------------------------------

戦国ランスはRPGではなく、鬼畜王ランスに似たシミュレーションタイプのゲームである。

鬼畜王ランスは大変楽しめたので、戦国ランスも期待大なのだ。

観光旅行でJAPANへ渡ったランスとシィルは、旅先の茶屋ですっとぼけたあんちゃんと、妹の美少女と知り合う。

実はこのとぼけたあんちゃんは織田信長、妹は香姫なのである。

団子屋は世を忍ぶ仮の姿、いや殿様稼業で失業(国を失う)しても、喰って行けるようにと、職安通いで身につけた技だそうだ。

意気投合した二人は、ランスを織田家の影番として迎えると、信長は言う。

これがプロローグで語られるのである。

まずは国力と兵力の増強、続いて南の伊勢、原家の攻略である。

戦国ランスでは、いきなり他国に攻め込むことはできず、予め「宣戦布告」が必要である。

原家征服には2ターンかかったが、首尾良く伊勢を織田家の領土とした。

次は京にいる足利家がターゲットである。

しかし、足利家が先手をうって、賠償要求を出してきた。

これまでの損害を賠償せよというのだが、ランスは使者の首をはね、足利家に送り届けさせた。

足利は激怒、交戦状態となった。

足利は諸国にふれを出し、「織田と闘え」と命じたが、応じる国は一国もなかった・・・

ならばと足利は、凄腕のくのいちを呼び寄せた。

雀、いや鈴女というくのいちで、ランスに言い寄る。

ランスは承知の上で鈴女とえち、しかしこの女はあそこから短刀を飛ばすという、物騒な女なのだ。

これに比べれば、同じくのいちでもかなみなどはかわいいもんである。

しかしランスはそれにもめげず、えちまたえち、たちまち鈴女をいかせてしまった。

再会を約して去ってゆく鈴女。

その後、織田家に足利家が侵攻して来るが、あっさり返り討ち、こうして足利家は滅亡した。

鈴女はランスの部下となり、こうして7ターン目となった。

織田家のすぐ西には伊賀家がある。

忍者の里である。

北には浅井朝倉家があり、そこには雪姫という北陸随一の美女がいる。

ランスにとっては見逃せない獲物であり、涎をたらしながら攻め込んだ。

しかし、浅井朝倉には、発禁堕山という仮面の奇妙な男が、雪姫の身と引き替えに、パンダの大軍を差し向けてくる。

しかも、このパンダは幾ら倒しても、後から後から出現してきりがない。


戦国ランス その2へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ