S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4108 ランス5D

2021/1/9 | 投稿者: Hal


ランス5D その2

--------------------------------

第2章終わりで出会った少女の名前は、「リズナ」だった。

ランスシリーズのプレイヤーにはお馴染みの名前である。

ハニワの景勝も傍にいる。

人の良いリズナはランスのことを、助けに来てくれた勇者と思い込んだが、知恵者の景勝は、「あれは悪相だ。 信じるなと」と忠告した。

その通りですな、流石亀の甲より年の功。

そしてヒマワリ退治を引き受けることになった。

リズナ達と話していると、元気の良い足音が響き渡り、あてな2号復帰。

南の門にはマワリがいて?あてな2号がいなくなる。

玄武城へ入ると、ひまわりとあてな2号が合体している。

悪魔フェリスを召喚してこき使っていると、サイスとかで不調になり、次第に縮んでゆき、ついに倒れてしまった。

ランスはフェリスをさんざんえちしてから、解放してやった。

なるほど、これではダークランスが怒るわけである。

大切なおかーさんがここまで痛めつけられ、その結果自分が生まれた(のかどうかはわしゃ知らんが)のなら、ランスは怨まれて当然だろう。

一方、相変わらず迷子のまま、とうとうケンカ寸前のバードとコパン丼。

もう一度おみくじをひくと、大吉であり二人ともホッと一安心するが、バードにお御籤棒が何かおかしいと指摘される。

コパ丼は、そのおみくじ棒は子どもの頃に自分の運勢を占った時に出た「凶」を、上から塗りつぶしたものと思い出した。

つまり、自分達が凶カップルだった事がわかってしまったのである。


ようやく暗黒ヒマワリの球根に辿り着いたランスとシィルは、次々と再生する根っこをぶった切って、本体もたたき割り(ここでやり直し数回ww)、第三章 ヒマワリを刈ろうは完了。

引き続き、 第四章 リズナ である。

いそいそとリズナの元へ急ぐランス。

しかし、景勝に悪知恵をつけられたリズナは、ここではいやなので南の門を出たホテルでと言い張る。

しかも(代わりに置いていく)シィルとあてな2号を連れて来てくれと、注文をつけるのだ。

そしてランスの毒牙は海苔子にも迫る。

店で口説き、自宅でも口説き、海苔子はすっかり本気になってしまい、式は何時にするかなどとランスに迫る。

妖怪を口説いて結婚して、なにをする気じゃ。

やっている最中にクビがのびて、そこらを飛び回るのは、人皆妖怪と呼ぶ。

たまげたランスは雲を霞と逃げ出した。

しかし、クビだけ海苔子ちゃんは追いかけてくるのだ。

どこまでもどこまでも・・・

ランス「怖いお〜 おかーちゃ〜ん!」

シィル「当然の報いだと思いますけど・・・」

寺ののっぺらぼうから、ろくろ首を倒すには、身体をどこかに捨ててしまえばよい、と聞いたランスは、城下町の海苔子の家で身体を見つけ、それをいやがる(そりゃいやでしょうな)シィルに担がせた。

そして井戸へ行き、海苔子の身体を井戸の底に投げ落とした。

人にして人に非ず、人非人とはまさにランスのことである。

フェリスへの虐待といい、シィルの扱いと言い、この海苔子と言い、鬼畜とはランスそのものだろう。

クビだけ海苔子は、ランスの後を追って井戸まで来たが、手がないので蓋を開けることができず、哀れや力尽きて死んでしもたよ。


ランス5D その3へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ