S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4101 闘神都市

2021/1/7 | 投稿者: Hal


闘神都市 その1

--------------------------------

闘神都市は、1990年発売のRPGゲームで、アリスソフトの発売である。

年に一度開かれる、闘神大会での優勝を目指して、全国から勇者が集まる。

闘神大会での優勝は勇者の証しであり、最大の名誉となる。

主人公・カスタムは、小さな町の出身で武術自慢の青年である。

彼はある日、モンスターに襲われているクミコという美少女を助けた。

クミコは、5年前に闘神大会に出場した後、行方が分からなくなった父親の手掛かりを探しているという。

クミコはカスタムの腕を認めて、自分をパートナーにして闘神大会に出場してくれと依頼した。

腕に自信のある(自分では)カスタムは、クミコとともに闘神都市へ向かった。

というところが前ふりである。

ところで、この闘神都市はアリスで無料配布しているWindows版でやる予定だった。

しかし実際にプレイしてみて、重大な不具合があることに気がついた。

それはWindowサイズだと小さすぎて見づらく、サイズ変更もできない。

と言ってフルスクリーンでは、フォーカスをエディターなどに切り換えると、元のサイズに戻らず、ばかでかいサイズになって使えない、というものである。

これでは、日記を書きながらプレイするのは不可能だ。

やむを得ず、大昔の98版のエミュレーターでプレイすることにしたが、こちらはWindowを切ってもサイズ変更が出来るので、問題は無い。

但し、ゲーム内でマウスが使えないという障害があるが、それは我慢することにした。

カスタムはドギという男と言い合いになり、戦ったが惨敗してしまう。

所詮は田舎戦士、と落ち込むカスタム。

それでもクミコはパートナーとなると告げ、コロシアムで出場申し込みをすることになった。

コロシアムでは、闘神大会出場には、迷宮で勇者の紋章を取って来ることが必要だと教えられた。

迷宮1階の南西で勇者の紋章を入手し、街に戻って出場の申し込みをしたが、1回戦は4日後、その相手は、あのドギである。

ドギが相手となれば、負けるわけにはいかない。

カスタムはせっせと迷宮通いをし、レベルアップに励んだ。

南西ではクレヨンという妙な名前の女性と闘い、敵の鍵を得たし、不思議な鏡の破片も手に入れた。

南部中央では、鉄の鍵を使い、地下2階にも降りてみた。

もっとも、怖いのですぐ上がったが・・・

2階の東南では、水辺にボウという男がいる。

彼も闘神大会に出場するそうだが、向こうの切れている橋を復活する方法があるらしい。

その後も2Fを彷徨い、街に戻るとクミコが、「もうドギには勝てるレベルですから、休みましょう」と言われた。

まずはセーブ、その後はまた迷宮に入った。

こうしてレベルを上げ、4日目に備えたが、寝る前には闘神大会の魔法ビジョン中継がある。

出場選手の中には、バードの名前もあり、片腕に義手ということで、ランス2を思いだした。

ランスも出場、忍者と対戦し、圧倒的な強さで押さえ込んだが、忍者が美人女性なので襲いかかり、反則負けwww

カスタムはトレーニングの成果を発揮し、ドギに完勝。

次の試合は4日後で、相手はラグナスターとなった。

又々迷宮探索、3Fと4Fへ降りる道も見つけた。


闘神都市 その2へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ