S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4085 ランス6

2020/12/21 | 投稿者: Hal


ランス6 その5

--------------------------------

ランスは今、ヘルマンの皇子、パットン・ヘルマンと共に、拠点にいる。

パットンは皇位継承のお家騒動に巻き込まれ、暗殺されそうになったので、国を捨てたと言う。

こうしてパットンはランスの部隊に配属されることになった。

任務はここで途切れているので、又博物館や廃坑洞窟Fなどを周回、しかしまだ新任務は出ない。

しかし、もう一度廃坑洞窟Fを一回りして戻ると、イベント一覧が更新され、調教師タマネギが開始した。

タマネギはモンスターの調教をしていて、ランスのパーティーに入ることになった。

これで「ペンタゴンを止めよ」の任務が出たが、これは今の所活性化していない。

ハニワ平原など彷徨ってから基地に戻ると、「ペンタゴンを止めよ」活性化。

基地にネルソンがやってきて、ウルザと話したいと言う。

その後ウルザに話を聞くと、彼女は「あれはレジスタンスではなく、テロです」と嫌悪感をあらわにして言った。

マナバッテリーを破壊するために、政府の要人を襲うというのだ。

最初のターゲットは治安部隊本部だそうだ。

そこではペンタゴンが人質をとって立てこもり、要求を入れなければ1時間ごとに人質を殺すと脅していた。

脅すだけでなく、実行もしているのだ。

ランスは奥の幹部の部屋で、封印された犯罪者の封印を解いたが、それは数十位をせをメスで切り裂いた、血まみれ天使だった。

なぜそんな物騒な人間の封印をといたのか?

ランスの判断基準は「容姿」のみだからである・・・

やがて正規軍が突入、ペンタゴンは殲滅されたかに見えたが、それは洗脳された治安部隊員の囮であり、ペンタゴンの大半は脱出してしまった。

基地に戻ってキムチに会うと、カーマがいなくなったと慌てている、

そこへ郵便が届くが、それはあのエミからのもので、「カーマを取り戻したければ、一人でムシ使いの村跡に来い」とある。

ここで新しい任務「エミの挑戦状」となる。

ランスは蟲使いドルハンに毒を注入されるが、不思議な少女が解毒してくれる。

その後再度村跡を訪れると、エミはドルハンにあの少女を襲わせるが、ドルハンはできないと断った。

ランスはエミを倒して、少女カロリナを基地に連れて帰る。

これにて「エミの挑戦状」は完了、「ペンタゴンを止めよ」に戻る。


ランス6 その6へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ