S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4064 鬼畜王ランス

2020/11/29 | 投稿者: Hal


鬼畜王ランス その1

--------------------------------

鬼畜王ランスは、それまでのランスシリーズのようなRPGではなく、シミュレーションゲームの形態を取っていて、ランスシリーズとしては、異色のゲームである。

ランスは盗族として好き勝手なことをしていたが、戦闘に敗れてシィルも捕らえられ、リアと結婚してリーザス王になる。

そして、王となったランスはリーザス軍を指揮し、世界統一を目指す、という内容である。

こうして王となったランスだが、結婚式後の宣言で「おまいら、み〜んなオレのもの」などと演説し、反乱を招いてしまった。

国王になった後の最初の作戦が反乱軍の鎮圧とは、いかにもランスらしい。

四半世紀前のことなので、攻略などとっくに忘れていたが、1ターンやってみて少しずつ思いだしてきた。

マリスの進言では、まずは市街戦で敵の勢力を削り、その後反撃に出るべきとのことである。

流石にマリスの進言は的確で、その戦法で敵南軍を撃破、メルフェイスを捕虜にした。

メルフェイスは呪われていて、自身をいかせる相手に巡り会うまでは、その呪いはとげないそうだ。

勿論鬼畜絶倫のランスは、その呪いを解いてしまい、これでメルフェイスも配下となった。

魔法使いが2部隊いると、戦闘は非常に楽になり、反乱北軍も次々に撃破していった。

そしてついにエクスたち反乱軍を、オークスの街に閉じ込めた。

文字通り袋のねずみである。

簡単にオークスを制圧し、エクスも捕らえたが、エクスは部下にはならなかった。

翌週、魔人ラ・サイゼルが襲来するが、なんとか撃退すると美女日光、美少女美樹(リトルプリンセス)、健太郎の3人が訪れてきた。

その翌週、自由都市のアイスとジオを制圧したが、その隙にオークスの街を魔人に奪われてしまった。

その夜、日光が訪れてきて自分の正体を明かした。

彼女は聖剣日光であり、魔人に対して必殺の効果があるのだ。

こうしてランスは、カオスの代わりに日光を得て、サイゼル退治に赴く。

日光での特殊攻撃は、これまでのランスシリーズと同じく、待機後の攻撃となるようだ。

また、本体部隊の被害を少なくするには、2つある傭兵部隊を雇うことである。

ルイスとセシルの傭兵を雇い、サテラとメガラスの魔人部隊を使って、本隊は被害なく撃退できた。

自由都市も、ロックアース、アイス、ジオ、レッド、ジフテリア、ラジールと制圧したが、Mランドとポルトガル、カスタムは、もう少し先にしようか。

ハンナの街は開城には300万GOLD欲しいと、 強欲なことをいうが、ここには天才軍師の篠田源五郎がいる。

そしてランスは、シィル奪還のためにヘルマンに兵を進めた。

リックの兵を増員してログBを占領、次のターンではボルゴZを目指した。

こうして8月第4週ボルゴZを制圧、ついにシィルとソウルを救出したのである。


鬼畜王ランス その2へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ