S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4059 ランス4

2020/11/24 | 投稿者: Hal


ランス4 その4

--------------------------------

第2昇降機で今教えて貰った「レキシントン」を称え、6Fへ。

6F東の部屋前では、ランス一人で来いという声が聞こえた。

しかも他のメンバーは脚が動かず、ランスは悪魔フェリスに密かに護衛しろと命じて、その部屋に足を踏み入れた。

その部屋は荒れ果てていたが、やがてチャオことアトランタが現れ、ランスに魔法をかけるが、フェリスが防いでくれた。

かくしてNキー取得、アトランタも退治した。

これにて第5章終了、次は最終章の第6章である。

■最終章 第6章。

一旦街へ戻り、出ようとするとビッチが待っていた。

そして2つのキーとイオを交換しようと持ちかけられた。

キーはいつでも取り戻せるが、イオをお仕置きするのは今しかない、という妙な理屈でランスは取り引きに応じたのである。

そして拷問部屋に連れ込み、あんなことやこんなこと、そんなことをして楽しんだのだった。

しかし、片田舎のこの宿に拷問部屋があるとは、お釈迦様でもご存知あるめえ・・・

一方、4つのキーを揃えたビッチは、闘神「ユプシロン」を呼び出すが、ユプシロンはビッチを殺して、自らに課せられた使命である「人類と魔人の撲滅」を宣言した。

ところが呼び出されたユプシロンは、ビッチを鏖殺してしまう。

地上では、ランスたちは地震が来たと思う程の揺れがあり、気がつくと街に魔物がなだれ込んできた。

かくして総員で魔物との戦闘となった。

3連戦でようやく魔物を撃滅、ランス・シィル・メリム・リック・かなみ・アテナ2号は、下部司令室を目指して進撃、他の者はここに残って街を守ることになった。

一方、フリークはヒューバートに、これまでの経緯を語り、闘神都市を止めるには、動力にされている者を何とかするしかないと考えていた。

しかし、ユプシロンの配下が周囲を徘徊する中、二人だけで中心部に辿り着くのは無理であった。

一方ランスたちは下部司令室を目指して進んでいた。

途中ストーンガーディアンが出て来るが、これは強い。

迷いに迷ってようやく下部動力エリアに辿りついたが、下部司令エリアへの道は、一歩歩くごとにストーンガーディアンが出現する。

なんとか下部司令エリアに着いたが、中央の部屋ではビッチの死体がある。

そこへユプシロン登場、流石闘神と言うだけあって無茶苦茶強く、とても歯が立たない。

しかし、このユプシロン戦は逃げ回っていても、数ターン経過すれば自動終了となる。

この後は左右の4つの部屋に入れるようになり、戦闘後にはアイテムが入手できる。

研究コア1Fに戻り<西側中央の部屋に入ると、フリークとヒューバートが戦闘している。

戦闘に勝つと彼らと合流、ユプシロンを倒すには動力源を絶てば良いと、フリークに教えられた。

それには魔気柱を破壊すればよいそうだ。

魔気柱は上部動力エリアと下部動力エリアに、それぞれ4つずつある。

教会から地下に入り、上部中央エリアから南へと進み、階段を下りて上部動力エリアに入った。

上部動力エリアでは、中央部の4つの小部屋にそれぞれ魔気柱があり、戦闘後に破壊できる。

上部動力エリアの魔気柱は全て破壊した。

左手の階段に進み、降ると下部動力エリアとなるが、ここでも同じ行動である。


ランス4 その5へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ