S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4054 同級生2

2020/11/14 | 投稿者: Hal


同級生2 その1

--------------------------------

同級生2は、1995年エルフ発売のシミュレーションアドベンチャーゲームである。

1992年に発売された同級生の続篇だが、内容的にはこちらを推す人が大半である。

シナリオ・ゲームデザインが蛭田昌人氏、キャラクターデザインと原画が竹井正樹氏という、これもエルフの黄金コンビ作品だ。

このゲームにも時間の概念が取り入れられ、主人公の移動などで一定の時間が経過するので、お約束などある場合は、要注意である。

アーカイバ内には、1995年ころ夢中になって集めた、攻略資料やセーブデータが山程入っていて、当時のHalさんの熱気を偲ばせる。

微笑ましいというか、アホらしいというか・・・

主人公は「りゅうのすけ」で八十八学園の三年生、名は変更可能だが、姓はまだない。

父は考古学者というのは、デジャを連想させられるが、無論がちゃ子の子どもではない。

自宅には鳴沢美佐子という未亡人が、娘の唯と共に同居していて、唯は主人公のことを「お兄ちゃん」と呼んでいる。

しかし・・・

プロローグからプレイし始めたが、無意味なエピソードや会話ばかりで、
あまり面白いとは感じないのだ。

これが25年の歳月というものなのだろうか?

ともあれ、りゅうのすけは無遅刻で2学期を終えた所で、プロローグは終了する。

これからが本番である。

時は12月22日、さて何からすればよいのか・・・

あちこちを回って昼過ぎに駅に行くと、西園寺が唯をナンパしているが、唯の方は相手にしていないようだ。

その後八十八公園に行くと又唯と出会い、日記帳を貰った。

この日記帳がセーブデータなので、これで2箇所にセーブ出来るようになった。

この同級生2では最大5箇所+プロローグのセーブが可能だが、その為には日記帳を入手しなければならないのだ。

ただでさえ難易度のたかいゲームなのに、この馬鹿げたシステムのために、更に難易度が高くなっている。

移動用マップには地名の表記は全く無く、何処が自宅なのかさえ最初の内はわからないので、試行錯誤の無駄な時間を費やしてしまう。

後のWindows版などにはミニマップもあり、そのマップでクリックすれば直接その地点へ行けるようになっているらしい。

これは、この移動方法の不評からの改善だろうが、98版にはそんな機能はまるでない。

なんとも使いずらいシステムなのである。

と思っていたら、画面下部中央の横長四角をクリックすると、ミニマップ移動となった。

エルフさん、ごめなさ〜い<(_ _)>

この嫌みなゲームを、25年前にはあんなに多数のセーブデータを保存しておくほど、夢中になってプレイしていたとは、現在ではとても信じられない。

今は開始早々の時点で、もういやになってきているのだ。


12月24日である。

ともあれ、 自宅に戻るといずみがいて、先日の話にあったパフェをおごることになった。

お礼にと映画のチケットを貰ったが、美佐子に「鈍感ね、早く追いかけて映画に誘いなさい」と叱られた。

追いかけていずみと28日の午後2時に映画に行くことになった。

このいずみとは8歳の頃からのマブダチWWで、彼女は大企業の社長令嬢なのだが、そのことを全く鼻にかけない、良い娘なのである。

その後は夜9時に夢仙人の家に行くと、占い婆に届け物を頼まれた。

これは300「年」前に借りた本だそうだが、ババに届けて戻ると、日記帳を貰った。

これで日記帳は3つになり、大分楽になった。

保育園に行くと天道がいて、かわいい保母さんを見つめまくっている。

さては・・・とりゅうのけはピンと来た。

そして保育園前でトラックにひかれそうになった園児を助けた。

これで日記帳へのフラグが立った筈である。

友美の家では、24日のクリスマスは、午後5時に八十八駅で待ち合わせの約束となった。

いずみとは、28日に映画を見に行く約束をしている。

しかし、5時に駅に言っても友美はいない。

友美の家へ行って聞いて見ると、急に体調が悪くなったとのことである。

体調不良ではやむを得ないと、りゅうのすけも一応納得した。

12月25日である。

その後はクイズ王6号に挑戦、可憐のマネージャーの名前は「ひかり」で正解、金6000円也を貰い、{プロダクションには入れる時もある}という情報も貰った。

家に帰ると、唯がキッチンでうたた寝をしているので、上着をかけてやり、自室に戻るといずみから電話である。

大した話もないのに、と主人公は首をかしげる。

気分屋で唯の気持ちを調べて貰うと、12と出た。

この時点で12ならまずまずだろう。

友美は11、いずみも11となった。


同級生2 その2へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ