S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4051 猟奇の檻第2章

2020/11/15 | 投稿者: Hal


猟奇の檻第2章 その1

--------------------------------

この猟奇の檻第2章は、猟奇の檻とは銘打ってあるが、猟奇の檻とは全く関係のない、独立したゲームである。

主人公は斎藤剛史で、1では警備員で同名の警備員がいたが、それとは全く別人物となっている。

発売は1996年なので、1の翌年になる。

舞台はガラリと変わってハイテクテーマパークとなり、古城やゴーストホーム、各種のアトラクションなど豊富である。

物語は、とある少女が何者かに追われて、古城の頂上まで追い詰められ、恐怖のあまり46メートル下に身を投げる、というシーンから始まる。

1の方はストーリーはあるようなないようなものだったが、こちらはしっかりとあるので、ストーリー好きには2の方が受けそうだ。

とはいえ、実際にプレイした20年前のおぼろげな記憶では、ゲームとしての面白さは1の方が上だった。

このテーマパークは、ドラキュラランド、オーディンランド、アルテミスランド、キョンシーランド、ファラオランド、ワールドバザールの、6つで構成されている。

ドラキュラは説明の要はないが、オーディンとは北欧神話の大神の名で、アルテミスはギリシャ神話の狩猟や月の女神である。

ワールドバザールはショッピングゾーンとなっていて、まあ早く言えばディズニーランドのゲーム版ということである。


このゲーム、操作性が非常に良くない。

初日は各所を回るのだが、マップ移動は俯瞰画面でドラッグすることで移動する。

しかしその操作が非常にやりにくく、中々目的地まで辿り着けないのだ。

それでもなんとか全ての小屋を回ると、歓送会のシーンとなり、どうやら齋藤は和子とあつあつの関係になったらしい。

・・・・・・

始めたばかりでもういやになってきた。

とににもかくにも操作性が悪すぎる。

マウスでもキーでも、少し動かしただけでとんでもない所に移動してしまい、細かい移動動作が出来ないのだ。

これではプレイしていてもストレスがたまるばかりで楽しくない。

ということで、猟奇の檻第2章からは早々に退散することにした。

前回のプレイでも途中放棄したような記憶が、おぼろげながら残っている。

内容的には悪くないだけにもったいない作り方である。

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ