S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4005 プリンセスメーカー2

2020/9/15 | 投稿者: Hal


プリンセスメーカー2 その5

--------------------------------

13歳の収穫祭は、お料理に挑戦。

ロクに料理など作っていないくせに、自宅でのお手伝いで覚えたのか、「鱈の胡麻あえ王朝風」で優勝してしまった。

これで収穫祭では、ミミは武闘会×2、舞踊、料理と、出場すれば必ず優勝という、パーフェクトガールなのである。

賞金3000Gと、副賞にはお下劣腸極楽鳥の卵を貰ったが、この卵は食べると体力+50という効果がある。

道場で剣術を学び終わると、道場破りが乗り込んできた。

既に師匠は帰ってしまっているし、他の弟子たちは怖がって誰も相手をしようとしない。

道場破り「ほう・・・ 相手をする奴はいないんだな。

なら、この看板は俺が貰って行くぜ!」

ミミ「まちなさい! 私が相手よ!」

ミミちゃん一撃必殺、道場破りを打ち破った。

家に帰ると、旅の占い師が訪れた。

占いの結果は、「立派な軍人になる」そうだ。

ほんまかいな?・・・・・・

そして舞踊の修行中に突然アニータという少女が表れ、勝手に武闘会でのライバル宣言をして、勝手に帰って行った。

むむ!

「次の収穫祭では武闘会で対決し、こてんぱんにしてやるわ!」と、ミミは心に誓ったのであった・・・

こうしてミミは14歳となり、バイトも酒場と家庭教師ができるようになった。

この2つを同時に試して見たが、お金は入るがやはりストレスが溜まりすぎる。

どちらかひとつだけにして、後は他のことをした方がよさそうだ。

収穫祭では、ライバルのアニータを2撃で倒し、決勝戦ではまたマッスル・ハルバルが相手となった。

バージョンアップしたミミちゃんには、対抗できるものはいない。

こうして武闘会は3回目の優勝となった。

1月31日にお城に行くと、若くハンサムな青年武官がいる。

彼は年に一度、1月にしかいないのだが、ミミを気に入ったらしく、来年1月に又来ると約束してくれと言う。

勿論ミミは大喜びで約束した。

バイトで試しに墓守をやってみた。

墓守のオジサンには「でるんだよ、これが・・・」

などと脅されたが、ほんとに出てきたよwww

亡霊騎士と戦闘になり、勝つと「これで私も昇天できる」と感謝され、2539Gという半端な謝礼?をもろてしもたよ。

収穫祭では舞踊会に出ようとすると、執事からアニータがライバルなので変更しましょうと言われ、武闘会に模様替えした。

アニータとは1回戦で対戦して楽勝、決勝の相手はマッスル・ハルバルとなる。

こうしてミミは武闘会で3優勝となった。

向かう所敵なしとは、まさにこのことである。

これで収穫祭では武闘会3勝、料理1勝、ダンス1勝で、未制覇は芸術祭だけである。

来年の芸術祭制覇を狙って、親馬鹿ハルはミミにお絵かきに励ませた。

ともあれ一枚だけだが、絵は描けた。

天使の絵である。

もう一枚描いたら来年は芸術祭制覇を狙おうか。


プリンセスメーカー2 その6へ続く
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ