S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4001 プリンセスメーカー2

2020/9/11 | 投稿者: Hal


プリンセスメーカー2 その1

--------------------------------

プリンセスメーカー2は、1993年ガイナックス製作発売のPC98用ゲームで、1991年発売の初代プリンセスメーカーの2作目である。

ガイナックスは、アニメーションの製作会社としての方が有名で、『王立宇宙軍 オネアミスの翼』、『新世紀エヴァンゲリオン』、『ふしぎの海のナディア』などのタイトルがある。

但し、この数年はアニメ部門は他社に移籍して、現在は製作は行っていない。

また、ガイナックスは様々な事件を起こすことで有名で、放漫財政で粉飾決算、所得隠しにより5億8000万円を脱税したとして東京国税局から告発、代金不払いで訴訟、揚げ句の果ては、しゃっちょが未成年女性への準強制わいせつ罪の疑いで逮捕などなど。

本業だった(筈)のアニメやゲームよりも、そちらの事件の方が面白いと言われている。

プリンセスメーカーとは、王国を魔王の手から救った救国の英雄Halさんが、天界から御年10歳の美少女を授かり、育ててゆくというゲームで、ジャンルとしては育成シミュレーションということになる。

シミュレーションゲームの性格上、初代とは内容は異なるが、基本的進行はほぼ同一である。

育てられる娘は一人(一種)のみだが、エンディングは74種類あり、その他にも結婚相手による追加エンディングが存在するそうだ。

前説のストーリーは、ほぼ1と同じであり、地上で栄華を誇っていた人間たちは、いつしか堕落し、清い心を失ってしまった。

天界の命で罰を下すため、侵攻を企てた魔王勢の前に、人間の王国は滅亡の危機に瀕する。

その時、一人の剣士が魔王を一騎討ちで撃退、こうして王国は危機を脱して、剣士は勇者と称えられた。

そんなある夜、勇者は天界の守護星からひとりの少女を授かる。

天界の娘を地上で成長させ、その結果を確かめることで、人間たちが本当に悔い改めたのかを判断しようというのである。

こうして勇者は、父親として少女を育てることになった。

10歳から18歳迄の8年間、父親としてこの少女に透明の服を着せたり、裸は恥ずかしいからいやだという娘の声には耳をふさぎ、ひたすらおとーさんになりきるのだ。

娘の能力は武者修行やアルバイト、習い事によって成長していくので、プレイヤーは1か月単位でスケジュールを決めなければならない。

毎年9月には「収穫祭」という、王国全体で祝う大きな祭りがあり、開催される各種大会で優勝すれば多額の賞金と知名度が得られる。

収穫祭には、武闘会、王国芸術祭、ダンスパーティ、料理コンクールなどが開催される。

こうして8年が過ぎると、娘の能力やそれまでの行動によって将来が決まり、エンディングとなる。

魔王、暗黒街のボス、SM女王、高級娼婦、ゴロツキ、サギ師、街娼など、スケベなおとーさんが泣いて喜ぶ職業があるのだよ。

勿論、女王、宰相、司教、王妃、王の寵姫、伯爵夫人など高貴な職業?もあるし、魔法使いや手品師など、まっとうな仕事にもつける。

その他、花嫁修業に出戻りまであるのだ。

これらは、基本能力の体力、筋力、知能、気品、色気、モラル、信仰、因業、感受性、ストレス、技能の戦闘技術、攻撃力、防御力、魔法技術、魔力、抗魔力、礼儀作法、芸術、話術、料理、掃除洗濯、気立てなどで左右される。

その他にも戦士・魔法・社交・家事などの評価点も関係するようだ。

また、病気や非行化の指数もあり、これが高いと病弱になったり非行化したりする。

これら以外にも各種パラメータがあるらしい。

操作性はわかりやすく、マウスにも対応しているので、実に使いやすい。

九龍妖魔学園紀とは天と地ほどの違いがある。


プリンセスメーカー2 その2へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ