S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3870 ようこそシネマハウスへ

2020/8/8 | 投稿者: Hal


ようこそシネマハウスへ その7

--------------------------------

こうして「野生のオクト」は撮影終了、マスターの評価はこれも「中々」だったが、収入は700万程度でやや少ない。

エンペラー・コノワタ原作の「猫娘」は、コメディにするつもりなので、ケーン松平に依頼した。

やがて映画祭の日となった。

SF監督賞受賞!

続いてホラー監督賞も授賞!

最優秀監督賞は、又も逃した・・・

マスターの話では、戦争のため今年で映画祭は終了とのことである。

自宅に帰ると赤紙である。

入隊は12月25日・・・

11月1日猫娘シナリオ完成、シネマハウスにようこそ最後の映画製作である。

完成し上映が始まる寸前、軍人が入ってきてすぐ軍に来いとことだ。

マスターやスタッフがせめて上映の間だけでもと懇願すると、軍人にも話のわかる者がいて、上映となった。

しかし、残念ながら評価は低かった・・・

クリックすると元のサイズで表示します



そして子孫らしき人物による、映画の振り返りでゲームは終了する。

これにて、楽しかったようこそシネマハウスへは、全巻の終了である。

このゲームの最大の魅力は、やはりパライソの人々との会話であり、ストーリーはあるようなないようなものである。

グラフィック面ではっきり言ってしょぼいし、映画の内容はあってもなくてもあまり関係ないという程度。

細かい所には不満は残るが、やはり大傑作というべきゲームである。


次回からYU-NOの再プレイである。

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ