S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3786 ミッシングパーツ

2020/5/16 | 投稿者: Hal


ミッシングパーツその7

--------------------------------

第2話赤いカメオに入り、マスターの依頼を聞く所からである。

■第2話「赤いカメオ」 第1日 続き

そしてマスターの依頼とは・・・

京香「お化けが出るんですって!」

恭介「ほぇ〜っ!」

しかも、そのお化けは、閉店後にマスター一人になってから出るというのだ。

カウンターの上のグラスがひとりでに揺れ出すそうなのである。

そのグラスは手も触れないのに机の上を滑り出し、床に落ちて割れた・・・

そして翌晩も同じことが起きたそうだ。

ポルターガイストの仕業か、はたまたタルコフスキーの「ストーカー」のエンディングか?

結局深夜にスピリットで現場を見ることに決まった。

外に出ると、又唯と鉢合わせ。

今度は道にまよったらしい。

齡は奈々子と同じ位らしいが、芸能プロダクションでバイトしているそうだ。

ビジネスパークにつくと、ようやく道がわかったらしく、もう大丈夫というので、そこでお別れとなった。

その時もう一人の疫病神、ミズドラキュラから電話がかかり、暇でも暇でなくても来いと言う。

セクンドゥムに行くと、珍しくお客がきた。

若い男だがカメオはないかとのことで、これも珍しく成美が出て来て、生憎今は切れているというと、そのまま帰っていった。

セクンドゥムに行くと、成美はごきげんである。

そして何かを見せてくれた。

装身具らしいが、成美はこれがカメオだという。

そして古物商には怪談があって、カメオにはまっている宝石が赤く変色すると、死を招くそうなのである。

但し、これは詐欺にも使える手らしい。

ということで、「なんとなく」そのカメオを探すことになってしまった。

無論恭介が探すのである。

この手の話なら、恰好の相談相手がいる。

というわけで、柏木邸でご隠居に聞いてみることにした。

その話なら何かあるか聞いておいてやろうとのことで、明日の昼にまた来ることになった。

そしていよいよスピリットである。

京香と成美が同席した割りには、酒瓶も椅子も宙をすっ飛んで行く事もなく、無事依頼の調査となった。

マスターにはいつもと同じ動作でやって貰ったが、特に問題になるようなものはない。

何も起きませんねと話していると、後でカタカタという音がし出した。

振り返ると、カウンターの上でグラスが揺れている。

見守るうちにグラスは滑り出し、床に落ちた。

京香は成美の後に隠れ、肩に掴まっていたが、気がつくと気恥ずかしげに手を離した。

謎解きは換気扇と布である。

換気扇はカバーがずれたりすると、微妙に震動を引き起こすことがあるが、布がかけてあると空気の流れが変わり、震動は起きない。

グラスのお化け現象が発生した日は、布が外してあったのである。

■第2話「赤いカメオ」 第2日

テレビでは、人気アイドル候補の美幸が死んだというニュースを流していた。

どうやら飛び降り自殺らしいのだが、映像ではかなり気の強そうな女の子で、飛び降りなどするタイプではないように見える。

ご隠居の所に行くと、カメオ件で宝石商を紹介され、哲平と天狗橋で落ち合った。

しかし、その宝石商の店舗は貧しげなあばら屋であり、とても宝石商とは思えない貧相さである。

哲平の話では、表向きは質屋で、中味は故買商だそうだ。


ミッシングパーツその8へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ