S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3713 Spectrum Project

2020/3/29 | 投稿者: Hal


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD spectrum project その12
--------------------------------

Bar地下にあるカタコンベの情報を求めて、湿地帯のhermitに会いに来た所からである。

■Bar 湿地帯

hermitと話したが、まるで要領を得ない。 

地下のドアの鍵のことを聞くと、いきなりアーティファクトを探せという。

???

要領を得ないというより、これでは狂人としか思えない。

そして彼は家の外に走り出ると、なにもない空間に向かって発砲し始めた。

ここでタスクは狂人を殺せとなる。

タスク様の仰せの通り、狂人を殺しました。

クリックすると元のサイズで表示します

死体にはX-14のドアの鍵があった。

これを取るとタスクは「X-14の入口を見つけろ」となり、マーカーはDuty基地のバンカー近くにある。

Voronin達のいるバンカーには、広大な地下施設があり、トンネルの中には道しるべまである。

クリックすると元のサイズで表示します

その地下道の一角にある下り階段がある。

クリックすると元のサイズで表示します

下るとエレベーターのある部屋に出る。

クリックすると元のサイズで表示します

エレベーターに近づくと自動的にマップ移動となる。 

出た先はX-14だが、X-14には会話などはないようなので、通過マップの一つなのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

■X-14

S.T.A.L.K.E.R.の華、地下研究所である。

残念ながらこのX-14は、地下研究所としての魅力はあまりない。

通貨マップなので致し方ないことだろう。

タスクは「Dead Cityのクルチャーコフを見つけろ」となる。

テキストファイルを見ても、Dead Cityが最後らしいので、もはや最終盤に入ったと見てよいだろう。

残念ではあるが、全ての事象に終わりがあるのが世の常である。

私の人生も又同様・・・

道なりに進むと地下鉄の車両がある。

クリックすると元のサイズで表示します

一部の車両は無惨にも骨組みだけになっている。

クリックすると元のサイズで表示します

その横の床は下に降りられるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、この穴は直ぐ行き止まりになり、Dead Cityへの道ではないようだ。

更に調べると、あった! 

狭い枝道の先に下に降りられるハシゴがあった。

クリックすると元のサイズで表示します

これを降りると、左手に又床に穴が開いている。 

クリックすると元のサイズで表示します

左の進路を進むと研究室風の部屋があり、実験NO21のレポートがある。

クリックすると元のサイズで表示します

このX-14は、地下研究所としての魅力はあまりないと書いたが、どうしてどうして、中々のものである。

最近のS.T.A.L.K.E.R.MODは、お裁縫だの調理具だの、変な所ばかり凝っていて、肝腎のストーリーや雰囲気ではあまり感心しない。

ママさん教室じゃないのだから、そんなところは凝らんでええ!

左手に進むと鉄道の線路がある。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでspectrumの襲撃があり。これを倒して進むと、突き当たり右手に進路がある。

その先は下り階段となっている。

これを降りると、左手に又床に穴が開いている。 

クリックすると元のサイズで表示します

一旦先程の研究室に戻り、あたりを調べると、机の上にキーカードがあった。

クリックすると元のサイズで表示します


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD spectrum project その13へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ