S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3706 Spectrum Project

2020/3/20 | 投稿者: Hal

S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD spectrum project その5

--------------------------------

以下S.T.A.L.K.E.R.考察の再掲である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
脇道に逸れるが、ここでS.T.A.L.K.E.R.の物語性について考えてみたい。

ストーリー的にはS.T.A.L.K.E.R.の大半はSOCで語り尽くされている。 

ゾーンの発生について、その背後にいる「者」について、ゾーンの内部で暮らす人々について、殆どはShadow of Chernobylで充足している。

但し、S.T.A.L.K.E.R.三部作を通じての主人公Strelokについては、余り語られておらず、このあたりはMODのSecret Path 2やReturn of Scar、或いはWay in PripyatやLost Alphaなどで語られることになる。

CSはその補完というか前説であり、COPに至っては墜落ヘリの捜索以外には、ほとんどストーリーらしきものはない。 

勿論これはメインストーリーのことであり、サブタスクのストーリーはこの際不問である。

むしろMODの方が、SOC・CS・COPの間隙を埋める、面白いストーリーを展開してくれる。 

Secret Path 2がその代表であり、Return of ScarやLost Alpha、Priboi StoryやWay in Pripyat、またWinter of Deathなどもその範疇に入るだろう。 

このSpectrum Projectもその中に入れても良いと思われる。

この物語性についての考察は、あくまでS.T.A.L.K.E.R.の楽しみ方の一つの例であり、S.T.A.L.K.E.R.の楽しみ方には無数といって良い程の数がある。 

どれが正しくてどれが間違っているとか、S.T.A.L.K.E.R.の楽しみ方はこれでなければいけない、などと決めつけることは全く意味がない。

要は自分が最も楽しく遊べれば、それが最も良いS.T.A.L.K.E.R.の楽しみ方なのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ふむふむ、6年前も現在もS.T.A.L.K.E.R.に対する考え方は、全く変わらないな。

別な表現をすれば、「進歩がない」とも言うことができるが・・・

そして、高架線のBandit基地で言語療法士と話したが、内容はいつもの通り理解のCSにある。

タスクは「Borlandに戻れ」となるので、基地の外に出るとBanditに殴り倒され、気がつくと牢の中にいる。

クリックすると元のサイズで表示します

やってきたBanditは「生きていた状態でお礼するのを申し上げてください。 あなたのような面相に、とくとくプランのための医療言語聴覚士があります」などという。

Degtyarevは金は払うというが、Banditは相手にしない。 

それはそうだろう。 牢の中にいて、持ち物も有り金も全て奪われているのだ。 

そんなスカンピンが金を払うといっても、Banditならずとも相手にしない。

Degtyarev「自分はいまは確かに金を持っていないが、友人のBorlandが払ってくれるぞ。」

Bandit「ほうほうそうかい。 ならあんたのボーイフレンドが身代金を払ってくれるまで、そこで待つんだな。」 と嘲笑して去っていった。

タスクは「Borlandの助けを待て」となる。 

しかし、このMODでのデグさんは、特殊部隊の士官ともあろうものが、随分何回もブン殴られて身ぐるみ剥がしをされますな。 

あんたほんとにウクライナ軍の最精鋭なの?

Degtyarev「俺もStrelokみたいに、お前を殺す怒!」

タスクには待てとなっているので、暫く待つと銃撃の音が聞こえ、やがて檻が爆破された。 又々失神のDegtyarev。 このデグさんはjsか。 年中失神ばかりしてるじゃないか。

Degtyarev「Strelokの気持ちがよくわかったぞ。 これだけくさされたのは俺の生涯で初めてだ。 プレーヤー覚悟ッ!」

「ざんねんでした。 あなたはいましっしんちゅうです。 なにもできませんよ〜だ」
と、デグさんをからかっていると、いきなりかなり長いムービーが始まる。

この廃農園での戦闘なのだが、Banditが闘っている相手は不明である。

このムービーは前回はなかったような気がするのだが?

念のためバージョンを確認すると、1.07となっている。

前回は1.05だったので、その後新バージョンを入れていたようだ。

これで前回とは大分違う進行も納得できた。

但し、1.07では1.05のデータはロードできない。

そして何かが爆発して暗転。

デグさんのことだから、おおかた又「しっし〜ん」したんだろな。

ふんとに改名した方がいいよ。

「jcでぐこ」とね。

でぐこ「殺す! ふんとに、いやほんとに殺す!」

気がつくと目の前に男がいる。

彼はフロストと名乗り、「私たち--残っていたグループのすべてが、'Skyを掃除します'。」と自分の派閥を紹介する。

スカイを掃除? それは「Clear Sky」だろうが!

S.T.A.L.K.E.R.知らずのアホ奇怪訳めが。

ちなみにこのMODでの派閥名は、「Csky」となっている。

クリックすると元のサイズで表示します


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD spectrum project その6へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ