S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3704 Spectrum Project

2020/3/21 | 投稿者: Hal






S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD spectrum project その3

--------------------------------

ワイロmilitaryから、追加のみかじめ料を要求され、切れかかったデグさん、という所からである。

■Cordon

Degtyarevは追加の1万を渡し、これでようやくBorlandは解放され、そしてBorlandと共に検問所を出ることとなった。

この後、Sidorovichから連絡が入り、会うことになった。

WolfからはATPの東にいるハンターと会い、剥ぎ取り(ミュータント狩り)をしろというタスクが出ている。

Sidorovichからは「些細な仕事だが、ATPにいるストーカーに小包を届けろ」とのタスクが出た。 

このMOD、マップ数は少ないが(5枚?)、一つのマップごとに細かいサブタスクがかなりあり、しかもその内容がかなりバリエーションがある。

このあたりは嬉しいところである。

バンカーから出ると男がいる。

彼はその小包は届けるなと言うのだ。

そして小包の半分をGopnik(これは不明)に入れ替えろというのだが、ここでの選択肢はいつもの通り意味不明。

適当に選択肢を選ぶと、どうやら断ったことになったらしい。

Wolfと話すと護衛を頼まれた。

アノマリー調査中のWolfの護衛ということである。 よくあるscientistsの調査護衛と同じようなものだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

護衛と言ってもBoarが1匹出てきた程度で、とくにすることもないが、その後はアーティファクトを探すことになる。

クリックすると元のサイズで表示します

アーティファクトを見つけると、Wolfと共に一旦ルーキーキャンプに戻り、Wolfにアーティファクトを売ることになった。


一眠りして翌朝Wolfと話すと、ハンターと狩りをすることになったが、これは先程やった筈なのだが?

これはまた別のハンターらしく、Boarを狩ることになったが、負傷してしまい、脇腹を押さえながら戻ることになった。

ATPに着いて、ハンターのリーダーであるシャーマンに報告することになった。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてShamanと話してタスククリア。

この後はSidorovichと話し、Wolfとも話す。

wolfと話すと「Prvovodnik: Studentと話してください」となるが、この学生は直ぐ隣にいる。

これがその学生さんである。

クリックすると元のサイズで表示します

この学生はATPに行くのに案内して欲しいという。

学者の卵が目と鼻の先のATP迄一人で行くことも出来ないのかと、Degtyarevは呆れたが、これも仕事と自分に言い聞かせ、先に立って歩き出した。

しかもこの学生は、ピッタリこんとくっついて歩くので、バンカーの中のような狭い場所では、邪魔になって歩くこともできないのだ。

タスクはShamanと話すことや、債権者のタスク(意味不明タスク)などが出ているが、いずれもATPなので、まずはピッタリ学生をATPに届けておこう。

でないとまともに歩くこともできないのだ。

と、突然学生タスクは失敗となった。

あまりにもつれなくされたので嫌気がさしたのかも知れないが、こちらは楽でいい。

Shamanからは持ち逃げソーヤーという奴の追跡を頼まれる。

尾行すると、そやつは道路の下のトンネルでひっかかってしまったので問い詰めて白状させた。

Shamanに報告してタスク完了である。

債権者と話すと、廃工場でなにかするらしい。

後はバーテンのクストーと話す必要がありそうだ。


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD spectrum project その4へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ