S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3662 Fallout 4 の新MOD

2020/2/8 | 投稿者: hal


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その38

--------------------------------

ゴジラを倒すと「ゴジラのメモを取れ」となった所からである。

最近のゴジラはメモを書くらしい。

ゴジラも進化したのだろうな。

その場所は「秘密施設」、いかにもそのまんまという、名称ですな。

■秘密施設

エレベーターで地下に下り、端末を調べるとマーカーが移動した。

外に出てそのマーカー地点に行こうとしたが、近く迄行くと「そちらには進めません」となって近寄れない。

直線的にマーカーに向かわず、周りをぐるりと回ってマーカー地点に達したが、そこにはなにもない。

これはやはりバグの一種なのかも知れない。

FO4editで調べると、これはゴジラを倒した時点でMOのメインクエストはクリア、その後はおまけらしい。

ということで、ゴジラとはこれでお別れ、Attack on Ortariaに入ることにした。

ここでMOD3つを導入。

Marked for Termination - A Terminator-Inspired Manhunt in the Commonwealth導入。

「あの」ターミネーターと戦うという、ゲテモノMODである。

アンダーグラウンド GVTFacility.esp

こちらは未だwipの状態だが、「発見の旅へと導くオリジナルクエスト。とりわけ、長い間保管されていたVault-tecの秘密を明らかにする」というもの。

Secrets of the Commonwealth

こちらはクエストはパブリックオカレンシズのパイパーの机の上にある小さい郵便受けの中のホロテープから始まるとのことだ。

Attack on Ortariaの翻訳は、単語が少し訳されているだけで、長文の会話部分は殆どが未訳のままである。

これは自分で翻訳しないと、意味がわからないだろう。

得意技「泥縄翻訳」でかなりの部分を訳した。

これで少しはわかりやすくなった。

まずはメモリーデンである。

■グッドネイバー

地下へ降りるとドクターボナバスティックという、これが松戸菜園試験農場だ!と言わんばかりの男がいる。

そして「私の実験を試してみる勇気のある人に、1000キャップと大きな報酬を提供しています! ただし、すべてが完了すると、会費が支払われます。」と言う。

やってみようと答えると、「すごい! このマシンを使用して、ある人間がこのDNAを介して別の人間の心にアクセスできるかどうかを確認します。」などというのだ。

やると言うと、確認のメッセージがでるが、そのためにここに来たのだから当然OK!である。

しかし、安全性はどうなのか?

「73,68%の確率でオルガンが完全にシャットダウンするほか、かなり安全です! ただそこで死ぬことはありません...またはあなたの脳は他の人がやったようにシャットダウンします。」

オヒオヒ!

3/4の確率で機能がCTDするのは、普通は「かなり安全」とは言わないのではないか?

それに、「またはあなたの脳は『他の人がやったように』シャットダウン」とは!

これまでに何人の犠牲者が出たのか、聞いて見たかったが、怖いので止めておいた。

クリックすると元のサイズで表示します



そしてやると言うと・・・

死んだ筈だよ、ノーラさん!

生きていたとはお釈迦様でも知らぬ仏のノーラさん・・・

妻が出てきた。

そしてノーラと戦闘になるが、これがやたら強く、ようやく倒すとCTD www


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その39へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ